渓流ルアーで本流アマゴ狙い ドリフト&トゥイッチで本命【長良川】

4月中旬、この日は岐阜県美濃市を流れる長良川本流の中流エリアに釣行した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

本流釣りのトレーニング

普段は渓流で釣りをすることが多い私、渓流に比べて規模が大きく水量も多く水深もある本流の釣りは正直苦手だが、私自身「今年は尺超えの本流アマゴやサツキマスを釣る!」という目標を立てている。

本格シーズンに入る前のトレーニングとポイントの下見を兼ねた釣行となった。

当日は川べりの桜は満開だった

当日の状況

当日は途中のコンビニで日釣り券を購入し、車を数分走らせて目当てのポイントに到着。水量を見ると以前に比べるとかなり少ない。やはり今年は山間部の雪が少なかったようで、サツキマスなどの遡上魚への影響が心配される。

準備を整えて川へ下り、まず流れを観察する。この時期はまだ流れの速い瀬には着いていないと思われるので、落ち込みからヒラキにかけての流れは効いているが、速くはないポイントに狙いを付けて攻めることにする。

当日の長良川本流の川相

当日のルアー

スナップにセットしたルアーはパームスのベアトリス65Sのアユカラー。この日はこのルアー1本で通すことにした。

当日使用したパームスのベアトリアス

ルアーの流し方とアクション

ベアトリスをアップクロスにキャスト。着水後流れに乗せて、ドリフトさせながらカウントダウン。狙いのレンジに達したところで、ロッドアクションを開始する。

トゥイッチングでスラックが出た分だけラインを巻き取りながら、さらに下流まで流すドリフト&トゥイッチのメソッドで攻める。

だが数投しても魚からの反応がないので、下流へ移動(本流では釣り下りが基本)して同様のメソッドで攻めるが、イマイチ反応が得られない。

仕方なくこのポイントは見切って次のポイントへ車で移動した。

当日のタックル

次のポイントへラン&ガン

本流の釣りでは、車を使ったラン&ガンスタイルが効率的だ。

次に入ったポイントは解禁当初に成魚放流が行われる場所だ。釣り切られずに魚がいないかと淡い希望を持って攻めてみたものの現実は甘くなく、このポイントでも魚からの反応は得られず、あえなく撃沈。

下流のトロ瀬へ

ここで時計を見ると午前9時半。この日は所用があり正午には帰宅しないといけないので、次のポイントが最後と決めて再び移動する。

車で5分ほど下流に走り、到着したのは水深のあるトロ瀬といった感じで、いかにもこの時期の魚が着きそうで期待が持てる雰囲気だ。

ドリフト&トゥイッチで本流アマゴ

早速ルアーをキャスト。ドリフト&トゥイッチで攻めると、何投目かで魚のチェイスが見えた。大きくはないが、魚影の形からしてニゴイやウグイではなさそうだ。

チャンスとばかりに再度キャスト同じラインをトレースして、今度はトゥイッチのリズムを変えて攻めるとコツンと手応え。すかさずアワせるとヒットだ。一瞬後ドラグが鳴る。

大きくはなさそうだが、本流の魚は渓流の魚と比べると、引きが一段強い感じだ。慎重に寄せて無事ネットイン。

キャッチしたのは本流アマゴと呼ぶには少し小さいが、きれいな魚体でサイズの割に体高がある24cmのアマゴだった。

サイズの割に体高があった

本流特有の銀白色が強い美しい魚体に見入りながら撮影した後、感謝の気持ちを込めてリリース。元気に流れに戻っていった。

この1匹で満足した私は所用もあるので、ここでロッドオフ。川から上がり車に戻った。

次ページで今後の展望