日中ナマズゲーム『デイナマ』のキホン徹底解説 田んぼに水入ると好機

田んぼに水がはいるころ、いよいよナマズゲームの盛期が始まる。ここでは忘れがちな基本中の基本を解説する。釣行前の参考にしてほしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

デイゲームがおすすめ

デイとナイトって、どう違う?

魚の反応のよさは、圧倒的にナイトに分があるのは明らか。しかしながら近年は、ナイトゲームからデイゲームへシフトしつつあるのも事実。

バイトが目視で確認できる。どこから魚が出てきて、どのようなルアーのアクションで、どのようにバイトするのか。さらに魚のサイズ感など、トップウォーターの醍醐味を堪能するならやはりデイゲーム。

ナマズを狙うポイント

「デイ」と「ナイト」の攻略の違いだが、後者は魚がフィーディング状態なので、比較的イージーに魚の反応がある。

ナマズはどちらかといえば、ボトムに定位してベイトフィッシュを待ち構える魚。なので、ベイトフィッシュが溜まりやすい場所に着いている

そのポイントとは、大きく分けて「流れが緩くなっている」「流れ込み」といった具合に二つに限定してもいいほど。

流れ込みは、誰でも分かるポイントだが、流れのゆるい場所は、プラス要素として「水深が浅いゾーン」。また、「緩い流れと速い流れの境目」に定位していることが多いので、そのようなキーワードを重ね合わせたポイントを流していけば、1尾にたどり着けると思う。

また、着水点から足元までしっかりルアーを引くことも重要なので忘れずに。

このような流れ込みに着いている可能性が高い

デイの攻略法

デイはナイトと違い、魚の活性がニュートラルな状態にあることが多い。したがって、仮に魚を発見したとしても、ルアーにまったく見向きもしない個体や、着水音だけで一目散に逃げてしまうナマズもいる。その半面、障害物を転々としながらウロウロ動き回ったり、流れの中に定位して泳いでいる場合もある。

デイは魚の反応を確認しながら釣れるが、ここで狙うべきは、「ナイトゲームで攻めるべきポイント」にプラスして「魚が安心して隠れられるカバー」が必要条件となってくる。

例えば流れ込みの近くにカバーがあれば、一級ポイントになる。またデイでは、太陽の向きも関係してくるので、日が当たる側より、日陰側のカバーの方を攻めるのがセオリー。もちろん、橋脚の下などのやや暗い場所は要チェックポイントになる。

そして、カバーの中に入り込んでいる魚を誘い出すのは、カバーギリギリへのアプローチ&トレース。これが大前提となる。

次のページはクリア・マッディの違い