波止から飛ばしサビキでサバ6尾 夕暮れが狙い目【大阪府・汐見埠頭】

波止から飛ばしサビキでサバ6尾 夕暮れが狙い目【大阪府・汐見埠頭】

大阪・泉大津にある汐見埠頭の砂上げ場では連日、25~30cmクラスのサバが釣れている。卵か白子を持っている乗っ込みのサバだ。例年なら、まだ海水温が低くて釣り物が少ない時期だが、サバの回遊でうれしい状況が続いている。私も中サバの快引を味わおうと思い、4月26日に夕方からの時合いを狙って飛ばしサビキ釣行してみた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

日が暮れてもサバ、サバ

6時30分を過ぎると、やがて日が暮れてきた。アジの回遊がまたあるかもと思いながら投入を繰り返していくが、サバのアタリばかりだ。すっかり暗くなるとサバのアタリもなくなり、気配が消えた。

その後は8時まで粘ったがアタリはなく、納竿とした。釣果は、25~30cmのサバが6匹、20cmのアジが2匹だった。

波止から飛ばしサビキでサバ6尾 夕暮れが狙い目【大阪府・汐見埠頭】この日の釣果

今後.海水温が上昇してくるとアジやイワシの回遊が本格的に始まり、サビキ釣りはさらに面白くなってくるだろう。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
汐見埠頭・砂上げ場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。