レバーブレーキ3つのメリットと注意点 特性を理解しキャッチ率アップ

レバーブレーキ3つのメリットと注意点 特性を理解しキャッチ率アップ

フカセ釣りをより快適に楽しむことができる道具として多用される、レバーブレーキ付きスピニングリール。レバーブレーキが付いていないのものとの違いやメリットを説明します。

多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

海釣り 磯釣り

スピニングリールの種類

現在リールはスピニングリールやベイトリールなど様々な種類があり釣種によって使い分けが必要になってきます。

フカセ釣りにおいてはスピニングリールまたは、レバーブレーキ(以下LBと略す)付きリールが必要になってきます。今回は、LBに着眼していこうと思います。

レバーブレーキリールの概要

LBとは、スピニングリールにレバーが付いているものを指します。

LB付きのリールと従来のドラグスピニングリール大きな違いは、魚の引きに応じて糸を出すシステムにあります。ドラグ式リールは、ドラグと呼ばれるシステムを使い、じりじりと摩擦を利用し、逆回転させ糸をだします。

一方、LBは常時スプールがフリーの状態であり、レバーを指で引くとスプールがロックするようなっています。

レバーブレーキ3つのメリットと注意点 特性を理解しキャッチ率アップレバーで操作可能

手返しを必要とした、磯場でのタモ入れなどスピードと釣りやすさを求めるフカセ釣りには必要不可欠なものになります。

ルアーフィッシングでは、ルアーにアクションをかける時レバーが邪魔になるため個人的にはおすすめしません。

LBのメリット3点

通常のスピニングリールとは違うLBならではのメリット3点を説明します。

手返しの良さ

LB無しのリールと比べてまず、手返しの良さが違います。仕掛けを投入し、回収してエサを付けるという一連の動作の中で、エサを付ける時、ラインを巻きすぎた!という場合、LB無しのリールでは、ベールを一度起こさないといけませんが、LBの場合レバーを押すことでラインを出せばすぐ解決することができます。

片手でライン操作可能

片手でライン操作が容易にできるということもとてもおすすめのポイントです。タモ入れの時、タモに魚をおさめた瞬間、指一本でラインを出せるのもLBの良さでしょう。オープンベールにしなくてもラインが出すことが可能な点は、LB無しの通常のスピニングリールに比べ素早く取り込むことができるはずです。

竿の角度修正が容易

そしてもう一点のおすすめポイントは、やり取りの最中に瞬間的な操作で竿の角度を立て直せることです。ロッドを的確な角度に持って行ってやり取りすることで、細いラインで大物をキャッチできる確率も上がりより釣りが楽しく感じることができます。

LBの使用時の注意点

LBを使う利点は、やり取りのとき竿がのされそうになったり、不意に思わぬ大物がかかってのされたりする場合にLBを使うことで竿を的確な角度まで立てることが容易になる点です。

レバーブレーキ3つのメリットと注意点 特性を理解しキャッチ率アップ大物がきても安心

しかしやり取りの時、ドラグがついているのにLBでラインを出している方を見かけますがこの方法はおすすめしません。青物など走りの速い魚が不意にかかって、ドラグではライン放出が間に合わない時は使用することは一つの手段ですが、あくまでも竿の角度を修正する機能になります。

LBに頼りすぎると変な癖がつき竿やラインの長所を活かしきれなくなってくるので注意が必要です。

レバーブレーキ3つのメリットと注意点 特性を理解しキャッチ率アップドラグも使おう
次ページで最新の機能を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。