メバリングで連発 ジグヘッド表層引きがパターン【三重県・四日市港】

三重県・四日市市の四日市港でライトゲーム釣行へ。表層引きでメバルが好釣。続けて、ルアーチェンジでセイゴもヒット。高活性の手応えを感じた一日に。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ジグヘッドでスタート

3月24日、釣友と三重県・四日市市の四日市港でライトゲームを楽しんできた。午後6時30分に現地に到着。護岸際に車を止め、車外へ出ると爆風&極寒。さらに悪条件は重なり、週末だけあってアングラーが多い。

防寒ウエアを万全に着込み、1gのジグヘッド&ストレートワームをセットしてスタート。

キャストはとても無理な状況なので、足元を探るが全くバイトなし。風が強すぎてフォールすらままならない。

釣友は1投目でメバル

あまりの寒さにグローブだのカイロだのと車と釣り場を行ったり来たりしていると、釣友の浅井さんが登場。

するとまるでモーゼが海を割るがごとく、風がやんだ。そして1投目であっさりメバルをゲット。さすがだ。

私も負けずに後に続きたいところだ。

表層引きでメバル連発

浅井さんはすぐ隣でメバルを連発している。フォールさせている気配はないので、表層狙いのようだ。ヒットパターンをこっそり教えてもらうと「軽量ジグヘッドの表層引きです」とのこと。

そこで0.5gのジグヘッドに変更し、カーブフォールで足元を探る。

先行の釣友も耳をそばだてていたようで、同じようにジグヘッドを軽くして「メバルマンション発見」とメバルを連発している。早い…。

私はカサゴが連発。良型ぞろいでなかなか楽しませてくれるが、ちょっと取り残された気分。

カサゴも良型が揃った

そしてまたしてもヒット。今度は下へ下へとグイグイ突っ込む。こいつは間違いないと上がってきたのは、良型タケノコメバル。

高活性だったタケノコ

ポイント微調整で本命!

ここで浅井さんからアドバイス。

「壁際を狙いすぎるとカサゴが食いますよ。メバルは少し離した方がいいです」。

少しだけ岸から離れた所をトレースした2投目。さっきがグイグイなら今度はギュンギュン下へ走る。ようやく私もメバルをゲット。めでたしめでたし。

ジグヘッド&プラグで

別の護岸へ

夜はまだ長い。護岸を端まで探ったので、少し離れた別の護岸へ移動。

今度はプラグメインで狙ってみようと、シャローマジック45を護岸と平行にキャスト。スローに引いてくると1投目でメバルがヒット。

水面直下のスローな誘いにたまらず口を使ったようだ。

次のページでセイゴ連発!