ジギングで6kgヒラマサ NEWロッド入魂!【福岡・エルクルーズ】

ジギングで6kgヒラマサ NEWロッド入魂!【福岡・エルクルーズ】

新しいジギングロッドを購入したので、福岡市東区・箱崎漁港のエル・クルーズを利用してジギング釣行へ。6kgヒラマサで入魂達成!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

最近の釣況

新しいジギングロッドを購入し、3月上旬に福岡市東区・箱崎漁港のエル・クルーズを利用してジギング釣行へ。

ここ最近の状況を船長に聞くと、ヒラマサを中心に状況は良くなっており、最大7~8kgぐらいまでのサイズがコンスタントに上がっているようだ。

ジギングで6kgヒラマサ NEWロッド入魂!【福岡・エルクルーズ】当日のタックル

釣り場の水深は40~60mぐらい、ジグの重さは120~180gのドテラ流しのため、風や潮の速さによって使用する重さを変更していく。

基本的な誘い方は、ジグの着底後にワンピッチでシャクっていく。

ヒラマサにも春の傾向が表れてきており、ボトムから少し浮いている状況とのこと。そのためボトムから最低でも20m付近まではシャクり上げて誘っていくことが重要とのことだ。

6kgヒラマサで入魂!

ここ最近いい釣果のでている小呂島周辺に船を着けてくれた。

新しいロッドを自分の中で、あーだこーだと思いながらシャクっていると、ボトムから10m付近でアタリがありヒットした。

ヒラマサの強烈な引きを楽しみながら、上がってきたのは6kgの満足いくサイズ。

新しいロッドにも入魂でき、非常にうれしい1尾だ。

ジギングで6kgヒラマサ NEWロッド入魂!【福岡・エルクルーズ】6kgの満足サイズと奮闘!

春は小型ジグに反応

その後もアタリはあるが、ショートバイトで魚を乗せきらない状況が続いたため、ジグのシルエットを小さくして3kgサイズのヒラマサを追加することができた。

春先においては小型のベイトを捕食していることも多く、シルエットの小さいジグにしか反応しないことも多い。80~100gぐらいのものを数個用意しておけば、いざというときに頼りになりそうだ!

最終釣果

今回の釣行では船中で8~10尾のヒラマサが上がっていた。

また、惜しくもラインブレイクとなったが、同乗していた女性アングラーにヒットしていた個体は最低でも10kgはありそうな強烈な引きをしていた。

これからが本番という玄界灘のヒラマサオフショアジギング。楽しいシーズンの開幕だ。

<週刊つりニュース西部版 APC・矢野憲太郎/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
出船港:福岡市東区箱崎
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。