【玄界灘】エサ釣り最新釣果情報まとめ 6kg超えマダイに根魚30尾

玄界灘エリアから沖釣り好釣果が届いた!マダイとイサキを中心に、アオナにレンコダイなど。今回は玄界灘エリアから厳選したエサ釣り最新釣果情報を紹介します。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

海神丸

3月20日、田中さんらは福岡県福津市津屋崎港の海神丸で玄界灘のイサキ、マダイ釣りに出船。船掛かり天秤ズボ釣りを行い、釣り開始からマダイが食い続き、青物が交じるように。潮の動きが変わったところでイサキがバタバタと釣れている。船中でイサキは38cm頭に42尾、マダイが4.5kg頭に6尾、青物はヒラマサ1m7kgを頭に5尾とヤズ4kg1尾。バラシが4、5回あり船長は「大物がいます。」と話している。

多彩な釣果を披露

▼この船について
海神丸
エリア:宗像エリア
出船港:津屋崎港

第二宮一丸

3月24日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸が沖の根魚釣りで玄界灘に出船すると、アオナ2kgクラスを筆頭にタカバ、ボッコ~アラカブなどに加えレンコやアマダイも交じり、終日好釣りを楽しんだようだ。船長は「日によってムラがあります」と話す。

良型のアオナをゲット
▼この釣船について
出船場所:神湊港
第二宮一丸

金生丸

3月25日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸が沖五目釣りで玄界灘に出船。船中ではアマダイ5尾、レンコ1人20尾、アオナ2kg頭に13尾、タカバ2kg頭に5尾、アラカブ10尾、イトヨリ10尾など高級魚を手堅くキープ。久留米市の杉山さんも大満足の土産を持ち帰っている。

タカバ2kgはずっしり重たい

▼この船について
金生丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

須賀丸

3月24日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の須賀丸が玄界灘のイサキ五目釣りに出船。田中さんグループらは、中型イサキを主体に1人30~40尾の釣果で、数釣れる中には大型も交じったとのこと。ほかマダイ2kgやヒラゴ2kg交じったようだ。

イサキを大量ゲット

▼この船について
須賀丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

大福丸

3月24日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の大福丸が玄界灘の沖五目釣りに出船すると、ウネリがあり食いも渋い状況ながら船中ではアマダイ5尾、レンコ1人15尾、アオナ2kg頭15尾、イトヨリ15尾などをバッチリ仕留めている。

アマダイ他、好土産もゲット

▼この船について
大福丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

第一成幸丸

3月9日、福岡県宗像市・大島の第一成幸丸がアジ泳がせ釣りで玄界灘に出船。

当日は、根魚の型よりも数狙いでの釣りを展開すると、宮若市からお父さんと釣行した遠藤くんがボッコ1.5kg、アコウ1.5kg、アラカブなどを計34尾キャッチして好釣果をズラリ披露してくれた。なお、イサキ五目も大型のみで1人30尾ヒット中、ヒラゴ・ネリゴも交じり1人5~10尾の釣果が上がっているとのこと。

好釣果を披露
▼この釣船について
第一成幸丸
出船場所:神湊港

明石丸

3月24日、福岡県宗像市・大島の明石丸がイサキ真鯛五目で玄界灘に出船。朝イチから中大型イサキ主体に釣果を伸ばし続けると、船中では大ダイ6kg頭に2ケタ、ヒラマサ4~5kgも交えながら心地よい引きを堪能。

入れ食いの時間帯もあり、終わってみれば乗船者のほとんどがクーラー満タンの好釣果に恵まれたようだ。

クーラーボックス満タンにニッコリ
▼この釣船について
明石丸
出船場所:神湊港

榮幸丸

3月25日、玄界灘のイサキ、マダイ五目釣りに福岡市西区宮ノ浦港から玄界島の榮幸丸が出船。30cmオーバーの良型イサキにマダイ、クロも交じって大型クーラーが満タンの釣果。

良型イサキでクーラーボックスは満杯

▼この釣船について
榮幸丸
出船場所:宮浦港

寿風

玄界灘の乗っ込みマダイ本格化で「のぼりダイ」急伸中。

佐賀県伊万里市の久原港から寿風で3月25日に釣行した福岡県柳川市の川原さんは大ダイ6kgを釣り上げた。さらに大きな8kg級の大型に高級根魚も交じる春の大物釣り、これからもっと盛り上がりそうだ。

ずっしり重たい大ダイ6kgを手中に

▼この船について
寿風
エリア:伊万里エリア
出船港:久原港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。