解禁当日釣行で26cm良型アマゴ 渓流エサ釣り【和歌山県・日高川】

解禁当日釣行で26cm良型アマゴ 渓流エサ釣り【和歌山県・日高川】

3月1日、和歌山・日高川支流の寒川にアマゴ狙いの渓流エサ釣りに行ってきた。解禁日初日はいい予感しかしない。期待を胸にいざ実釣へ。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

解禁当日の状況

寒川までは、自宅から15分くらいで行けるが、解禁日は早めに行かないと場所がなくなるので、朝3時半に自宅を出発した。寒川に入ると、さすがにまだ車の姿はない、3時50分ごろに目的の「子安の水」上流の入川道に到着した。

少し仮眠をとって6時40分に入川し、旧エン堤上の流れ込みの淵から釣りをはじめた。

解禁当日釣行で26cm良型アマゴ 渓流エサ釣り【和歌山県・日高川】渓流が楽しめるシーズン到来!

サオはがま渓流マルチフレックス粋我(硬中硬)、ラインは釣聖GS0.3号、ハリはナノアマゴ6号でエサには川虫をセットした。

1投目から良型アマゴ!

ワクワクしながら、1投目を投入した。

仕掛けがなじんだ瞬間、「コツコツ、ガツン」といきなり良型がヒットした。
ラインは0.3号なので、すぐに引き抜いた。なんと1投目から25cmが釣れた。記念撮影をして、次を狙っていく。

同じ筋を流すと、すぐにアタリが出て、20~23cmが連続でヒットしてきた。

6匹でアタリが止まったので、上流の流れ込みに移動した。ここは一番期待したポイントだったが、全くアタリがなかった。

その後も300mほど歩いたが、ウグイが1匹釣れただけでアマゴの気配が全くない。この区間で30匹くらいは釣れると思って、ビクが満タンになると心配したがアテが外れた(笑)。

解禁当日釣行で26cm良型アマゴ 渓流エサ釣り【和歌山県・日高川】良型アマゴ!

珍しい良型連発!

午前9時、場所を見切って上流を目指したが、空きがないので戻って「子安の水」下流に入ることにした。何カ所か攻めたが、まったく反応がなく、元つり橋跡の流れ込みに到着した。

時刻は10時、温かい昆布茶で暖を取り、「ここで釣れなんだら帰って仕事しよ。」と、ぶつぶつ言いながら釣りを始めた。

段々瀬の開きだが、水深があっていつも釣れるポイントだ。

流れに仕掛けを入れると、コツッ!きた。アワせたがスッと軽くなった。エサを付けかえ、同じ流れに仕掛けを入れる、スッと目印が止まった。

そっとアワせると、ガツン。ギラギラと暴れるが、しっかり止めて引き抜いた。この後、連続でアタリがきて、この流れで20~24cmが7匹釣れた。

例年なら15cm級が連続するが、良型の連発は珍しい。うれしいが嫌な予感もする。

この後、旧エン堤まで上がったが、アタリがまるっきりなかった。

移動後はウグイばかり・・

時刻は正午。場所を下流の森林組合土場に移動し、昼食をとった。

しばらく休んだ後、組合土場下の大淵から釣り上がった。ここは本来、岩盤底の淵で見ほれるほどききれいな流れだが、昨年の台風の影響で、砂利川になってしまっている。

仕掛けを入れたが、ウグイばかりヒットしてくる、ポイントをかえ釣り上がるが、ウグイしか釣れない。

400mほど歩いて、とうとう最終の流れにやってきた。

次ページで当日最大アマゴが!