実績ある沖磯でフカセ釣り 43cm頭にグレ連発【三重県・南伊勢】

実績ある沖磯でフカセ釣り 43cm頭にグレ連発【三重県・南伊勢】

2月下旬、良型の口太グレを狙って三重県・南伊勢町奈屋浦の磯へフカセ釣行してきた。当日は良型グレに出会えることを信じて沖磯へ向かった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

「にごり場ハナレ」へ

当日は午前5時30分に奈屋浦漁港に到着。船長にあいさつを済ませ、6時30分ごろ出港して沖磯を目指した。

当日渡礁させてもらった磯は、寒の時期に特に実績のある「にごり場ハナレ」。

当日のタックル

早速タックルの準備に取りかかった。

サオはメガディスAGS1.25号5.3m、リールはトーナメントISO競技LBD、ウキはガジェットMの00、ハリは身軽グレ5号。

マキエは生オキアミ6kgに強力グレZど遠投3袋とパン粉2kgを均一に混合させ、サシエは加工オキアミのMサイズを使用した。

全遊動仕掛けでグレ連発!

まずは沖向きの様子を見たが、潮が当ててくるため、本命場のにごり場本島との間にある西向きのシモリ際に照準を絞って釣りを開始した。

すると1投目からサオをひったくるアタリで予想に反して尾長グレがアタってくる。サイズは28cmと小型だが、気持ちのいいアタリで楽しませてもらった。

この1匹でタナは浅いと読み、ガン玉を外した全遊動仕掛けで追加を試みる。

この読みが的中!マキエに反応して食い上がるグレが好反応を見せ、開始早々に30cm前後のグレが1投1匹のペースとなった。

遠投で43cm口太グレ!

これは良型も出るかもしれない。シモリ際を目がけて40mほど遠投、ラインを張り気味にして追加のマキエを打とうとした時、ギュイーンと手元までくるアタリをもらった。サミングしたままサオを起こしてアワセを入れると、重量感がサオの胴まで一気に乗る。最高に気持ちのいい瞬間だ。

ゆっくりと重量感を楽しみながら足元まで寄せてくると、40cmを超えるグレの姿が見えた。水面に浮いたタイミングを見計らって無事キャッチ。検寸すると43cmの良型口太だった。

実績ある沖磯でフカセ釣り 43cm頭にグレ連発【三重県・南伊勢】 思惑通り口太43cm登場!

半遊動に変更

その後は少し潮の動きが緩くなったので、沖向きの釣り座で様子を見てみることにした。こちらはフグが多いため、手前に多めのマキエを入れておき、沖でグレを食わせるというパターンが有効。

少し深いタナを意識して3ヒロの半遊動の釣りにチェンジ。こちらでも読みが当たり、38cmまでの口太グレを連発させることができ、午後1時の納竿まで釣りを楽しませてもらった。

実績ある沖磯でフカセ釣り 43cm頭にグレ連発【三重県・南伊勢】キープした釣果

寒の時期は湾内磯が有望な奈屋浦はクロダイの魚影も濃く、専門に狙っても面白そう。まだまだグレも良型が狙えるため、今後も楽しみだ。

<週刊つりニュース中部版 APC・正尺雅哉/TSURINEWS編>

▼出船場所について
奈屋浦漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。