アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】

2月24日(日)相模湾小網代の太平丸へ。釣友12人と仕立て、アマダイ・オニカサゴリレーを楽しんだ。嬉しいゲストの高級魚アラも顔見せ!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

早々に本命アマダイ

8時に港を出ると、まずは城ヶ島沖のポイントで、アマダイ狙い。

ハリス3号の市販仕掛けにオキアミを付けて投入。オモリで海底を小突いて誘い、1上げた位置で待つと、さっそく微妙なアタリ。聞きアワせても、魚が掛かっているのかはっきりしない。電動リールのスイッチを入れて、ゆっくり巻き上げるとガンゾウビラメだ。

「海底にいる魚が釣れたので、想像より潮はゆるそうだ。もう少し高いタナで待とう。」と、次は高めで待つことに。

竿を1mほど上げてから、ゆっくり誘い下げて、ステイした瞬間に明確なアタリ。ゴンゴンと力強い三段引きで上がってきたのは狙っていたアマダイだ。周りの釣友もひと流しめから次々に本命をゲット。幸先いいスタート。

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】早々に本命顔見せ

オニカサゴ狙いへ

しばらくすると、潮がさらにゆるくなったためか本命は沈黙。高活性なのはキダイやトラギス、アカボラなどゲストばかり。11時すぎに潮が動きだし、船中で本命が顔を見せるが、私は追釣できなかった。

正午ごろ、オニカサゴ狙いに切り替えて、ポイントを移動。オモリと仕掛けを替えて、エサはサバの切り身で開始。

30分ほど経過すると、周りでオニが上がり始める。こちらにはアカボラやトラギスといったおなじみのメンバーに、小さなマダコやユメカサゴなどの新顔も交えて、小物軍団が「大きなハリとエサもなんのその」と襲いかかってくる。

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】コチラも本命オニカサゴ

高級魚アラが!

小物対策とアピール強化のため、タコベイトを抱き合わせる。仕掛けが海底から離れないように、こまめに底をとりなおす。

アマダイと同じように、誘い下げてアピールしていると、これまでとは違う大きな反応。グングンと心地いい引きを楽しみながら、巻き上げると顔を見せたのは35cmのアラ。

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】高級魚アラ!

思わぬ高級魚をゲットして「タコベイト作戦成功か」と思いきや、使っていない釣友もこの魚を上げていたので効果があったのか不明。

船中コンスタントにヒット

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】沖はるなさんも

再投入して同じ誘いをすると、またアタリ。聞きアワせると今度はさらに力強い引きだ。慎重にやり取りしながら巻き上げたのは40cmオーバーのアラ。サイズアップに成功したところで沖上がりを迎えた。

アマダイ・オニカサゴ高級魚リレー アラも!【神奈川県・城ヶ島沖】高級魚両手持ち

アマダイは1尾で終わったが、以前から「食べてみたい」と思っていたアラが釣れたので満足。また、十目近い魚種が顔を見せて、多くのアタリがあり、とても楽しかった。

<週刊つりニュース関東版 渡辺竜平/TSURINEWS編>

▼この釣り船ついて
太平丸
この記事は『週刊つりニュース版』2019年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。