東京湾ルアーシーバス 怒涛の15連続キャッチ!【千葉県・林遊船】

東京湾ルアーシーバス 怒涛の15連続キャッチ!【千葉県・林遊船】

2月16日(土)と17日(日)、2日連続で原木中山の林遊船へ。ボート乗合船で、キャスティング&ジギングでシーバスフィッシングを楽しんだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

魚探の反応はバッチリ!

翌日のプラクティスを兼ねて16(土)にも乗船。

この日は、「先日初めてルアーシーバスにチャレンジしたら、すっかりハマってしまって道具一式を揃えて来ちゃいました」という関口さんと同船、前嶋青凪・若船長の操船で7時半に出船。

ピーカンベタナギで、潮止まり直前のタイミングのため、厳しい状況が予想されたが、あっという間に不安は解消。千葉沖のストラクチャーのポイントに到着すると、底から水深の半分くらいまで反応がびっしり。

15連続キャッチ!

60gのメタルジグを壁ギリギリにキャストすると、フォール中にコンッ、コンッと本命のアタリが出る。着底後、早巻きで5m誘ってすぐにリールのクラッチを切り、落とし込むと一発でヒット。

1投目から元気に食いついてきたのは55cmの銀ピカシーバス。

東京湾ルアーシーバス 怒涛の15連続キャッチ!【千葉県・林遊船】良型の入れ食い堪能

フォールでも巻きでも、ひん繁にアタリがでる怒とうの入れ食いがスタートし、同サイズの良型ばかりを15連続キャッチ。

裏本命のメバルとカサゴ

このままシーバスを狙えば、いくらでも釣れる状況だったが、このポイントでは裏本命があるので、同じジグでボトムバンピングを試すと、思惑通りガツンと重厚なヒット。慎重に巻き上げキャッチしたのは、30cmの大型メバル。さらに、同級のカサゴが連発して気分は上々。

関口さんも、シーバスはもちろん、32cmの尺上カサゴまでゲットして「これはヤバい楽しさですね」と大喜びしていた。

東京湾ルアーシーバス 怒涛の15連続キャッチ!【千葉県・林遊船】メバルやカサゴも!

このあと、浅場でキャスティングを試すと、こちらも春を思わせる高活性で、バイブレーションや湾ベイトで投げて巻いての入れ食いを満喫。

最後は、深場のポイントをジグで狙うと、ジグが底まで落ちて行かないほどの入れ食いで終了。

次ページで2日目釣行開始!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。