渓流ルアーで放流アマゴ4尾 濁りと枯れ葉に大苦戦【岐阜県・根尾川】

いよいよ待ちわびた渓流が解禁だ。今回は地元である岐阜県本巣市の根尾川での釣果を報告したい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

当日のタックル

当日のタックル

2月4日、地元の川なので家を出たのが午前10時すぎ。

一番奥はまだ雪があるので、取りあえず薄墨温泉下の板谷橋へ。

このところの渇水だったが、前日に雨が降り少し濁り気味なので魚影は確認できないが、取りあえず用意をする。

ロッドは源流部なので一番短い4.5フィートを使用し、1000番のリールをセット。

ラインはPEライン0.4号、リーダーにフロロカーボンの0.5号を使用。

ルアーはトリコロール4.7の銀ヤマメヘビーウェイトだ。

序盤は反応なし

まずは昨年いい思いをした岩のよどみへキャスト。しかし何も反応がない。少し下流の深場も丁寧にダウンクロス、サイドクロスで攻めるも反応なし。

当日の尾根川の渓相

ここで大きく移動して、薄墨桜の下へ入った。淵や瀬などいろいろ狙うが、前夜の雨のせいで枯れ葉や枯れ木が流れてきてルアーに絡まるので釣りにくい。そこで支流の東谷へ移動することにした。

ここは成魚放流を行う所で、解禁の日に友人が40匹釣った場所。期待を持って入ったが、ここも濁りと枯れ葉で釣りにならず、仕方がないのでしばし休憩と早めの昼食とした。

1尾目は20cm放流アマゴ

午後1時すぎ、さらに奥の奥谷へ移動。ここも放流場所なので、数人の釣り人がいる。情報を聞くと朝から5匹(エサ釣り)とのこと。川幅が狭いのでここはパス。

奥谷の下流でようやくヒット

その少し下流でいい所を発見。

少し深場の流れ込みへ入り1投目、岩陰からルアーを追いかけてくるアマゴを目撃した。次も同じ所に投げてアクションを加えると、すぐギラッギューンで初ヒット。20cmの銀系放流アマゴをゲットした。

その後、1匹を加えさらに下流の橋の下で小型ながら2匹追加。

ここで大きく移動し、神海橋の上流の放流場所へ。ここは解禁直後から大勢の釣り人でにぎわう場所なので、平日でも釣る所は少なくパス。

続いて入った漁協前は、解禁当日と放流日に大勢の人が押しかけるが、この日は風が強く濁りもあるので誰もおらずここもパス。

最終釣果は?

次は一番下流のカリモク家具工場前のルアー&フライ専用区。ここも誰もいない。この時期風が強く吹くのでルアー&フライは厳しい。

風が落ち着くころには、25cmぐらいの大物が釣れるかも。ゴールデンウイークごろには、サツキマスも遡上してくるので楽しみだ。

当日の釣果は天然物は少し早かったので姿を見ることができなかったけど、成魚放流アマゴを4匹ゲットで納竿した。

<週刊つりニュース中部版 APC・大西實/TSURINEWS編>

▼このい釣り場について
根尾川周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。