オフショアジギングでビンチョウマグロ入れ食い!【三重県・志摩市】

オフショアジギングでビンチョウマグロ入れ食い!【三重県・志摩市】

前回の釣行でジギングにハマった林さんと三重県志摩市和具の遊漁船に2月前半に乗船。オフショアジギングでまさかのビンチョウマグロの連続ヒットを堪能した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

朝イチはノーバイト

駐車場に到着するとアングラーで満車。すでに林さんもタックルを降ろし始めていた。釣り座は一番でトモを選択。

午前6時15分に出船し、30分でポイントに到着。70mラインからスタートした。

パイロット的に使用しているスパイNのイワシカラーで、ワンピッチワンジャークを丁寧に繰り返す。朝一は船中ノーバイト。100mラインに移動すると林さんにヒット。2kgほどのマハタだ。

どんよりと曇ったなか、船中はノーバイトが続いた。

9時半ごろ、「ビンチョウマグロが釣れているとの情報があったので行ってみよう!」と船長。

マグロがそう簡単に釣れるわけないだろうと思っていたが、この後驚きの爆釣になるとは…。

まさかのビンチョウマグロ!

ポイントに到着するとわずかにトリヤマはあるが、ざわついている雰囲気はない。100mで魚影があるので、ラインカラーの10色程度で始めてとの指示。

早速12色まで落とし、ゆっくりとワンピッチジャークでシャクり上げていた。

すると7色で突然重量感が乗ってきたが、走ることなく巻き上げるとついてくる。だが残り2色で突然走りだし、ラインが50mほど引き出されマグロと確信。やっとの思いで船近くに寄せるとマグロが回りだした。

引き寄せようとするが、3~4m下から水面までを何度も往復し、旋回を繰り返す。

10分ほど経過して観念したのか、ようやく水面近くまで上がってきたところを船長がスパッとタモ入れを成功させた。丸々と太ったビンチョウマグロだ。

オフショアジギングでビンチョウマグロ入れ食い!【三重県・志摩市】まさかのマグロ!

船中入れ食いパラダイス!

記念撮影後投入するとすぐに食ってきた。入れ食いだ!今度は5色だったので、周りのアングラーに5色できたと情報発信する。

少し経験したので、やや強引だが、水面近くまで一気に巻き上げた。一度空気を吸わせ、尾ビレをバタつかせると水面下の旋回も弱まり、今度は簡単に取り込めた。

ミヨシや胴でもヒットし始め、船中はパラダイスだ。食いが悪くなるとトリヤマを追いかけ、下に入るとヒット。1人がヒットするとその周りもダブル、トリプルとヒットなりラインは交差。船長はタモ入れから血抜き、氷締めをしながら、1匹でも多く釣らせようとトラブル解消に走る。

次ページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。