メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】

三重県の鳥羽沖は複雑な海底がメバルの格好のすみかとなるのか、他の地域に比べて数も型もダントツでいいと私は感じている。2月2日、そんな鳥羽沖でメバルを釣らせたらピカイチだと言われる仁洋丸に乗った。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

サビキ有利?やっぱりエサ?

午前6時半に赤崎港を出船。西風が強くて風波があり、20分ほど走ってポイントに到着して、島と島の間で釣り開始。

水深は約30mで、60号のオモリ(統一)でサビキ仕掛けを下ろした。

ここらではサビキ仕掛けにエサの冷凍シロウオを付けて釣るが、船長から、「エサなしでも釣れるよ」と聞いたから、試しにエサなしで仕掛けを下ろしたがアタリはない。

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】タックル

メバルの食いが悪いのか、他の人も釣れていないが、エサなしの不安が頭をよぎる。

辛抱できず、下のハリから1つ飛ばしで冷凍イサザを付けて下ろすと、オモリの着底と同時にブルン。やっぱり…。これで、私はまた「エサ信者」に戻ってしまった。

連発ならず低活性

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】ゲットしたメバルを両手に

追い食いを期待して、どんどんと暴れる穂先を少しだけ上げ、待ちながらゆっくりリールを巻く。何度か穂先が水面に突き刺さるようなうれしい引きもあり、上がってきたのは大きな茶色い魚体が2つ。

25cmを超えるような、目玉が大きいよく肥えたメバルだった。

やはりエサが効くのか…。すぐサビキ仕掛けのハリ全部にシロウオを付けて釣り始める。それからはボツボツとアタリが出て同型のメバルが釣れたが、追い食いを待ってもあまり効果はなく、ほとんどが単発。しかも、釣れるのはたいてい底バリ。なんでやろ…。

船長は、「何日も続いた連続の寒波で海が冷え過ぎた。」と言っていたが、食いが悪く、いつものような連発がないのだ。

良型メバル連掛け!

午前10時ごろ、仕掛けが着底して1mほど上げると、ドンと食い上げアタリが出て、少し持ち上げると今度はブルル~ンと穂先を胴震いさせ、海面に引き込む強烈な引きがきた。

先日はハリス0.8号を切られたので、当日は1号ハリスのサビキだから安心してタメられる。強烈な引きをいなして、ようやく水面に浮かせたメバルは良型のダブル。持ち上げるのが怖いような重量感があった。

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】良型メバル連掛け

すぐにメジャーを当てると28cmと26cm。こんなメバルは、大阪ではめったにお目にかかれないものだ。

今回の釣果

食いが止まると次々とポイントを変えてくれ、場所によっては小型が交じったりしてリリースもあったが、正午前に沖上がり。

私の釣果はメバル15~28cm48匹とカサゴ15~27cm5匹だった。

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】良型のカサゴ

他の人たちも似たような釣果で、やはり食いが悪いときにはエサが有効なようで、皆さんもシロウオを付けていた。

メバル48尾手中 エサ有利?サビキで手返し重視?【三重県・仁洋丸】メバル&カサゴの釣果

<週刊つりニュース中部版APC・大西満  /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
仁洋丸
出船港:赤崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年2月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。