アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのコツ 【仕掛けへの工夫・誘い】が重要

アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのコツ 【仕掛けへの工夫・誘い】が重要

アカムツ(ノドグロ)が生息するのは光すら届かない深海です。それゆえ、仕掛けによるアピールが、釣果を伸ばす秘訣となります。今回はエサを使ったアカムツ釣りの仕掛けの、それぞれの使用意図や工夫の方法をメインに、基礎知識やエサ、誘い方など釣果アップのノウハウについてまとめました。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アカムツとは?

アカムツ(標準和名)は、スズキ目ホタルジャコ科アカムツ属の水深100~300mに住む深海魚。砂泥底を好み、底層に小さな群れを作って生活しています。

アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのコツ 【仕掛けへの工夫・誘い】が重要ノドグロの通称でも知られるアカムツ(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

アカムツは口の中が黒いことから「ノドグロ」の通称でも有名です。ノドグロといえば高級魚として、釣りをしない人にもよく知られており、皮や皮下に脂があるので、皮付きの料理がとても美味しい魚になります。

塩焼きにすると皮と身の間から濃厚で上質な脂が滴り、皮付きの切り身でしゃぶしゃぶや皮目をさっとあぶった刺し身なども絶品です。

アカムツ釣りの概要

そんな美味しいアカムツは船からの釣りで狙うことができます。釣り座によっての釣果の差が出にくく、仕掛けや誘いでの工夫や、エサといったこだわりが釣果に直結しやすい釣りで、食味だけでなく釣趣も楽しい釣りです。また、クロムツやシロムツ、カサゴ類といった美味しいゲストが釣れるのも魅力的。

釣り物としてポイントが開拓され始めたのはここ最近ですが、出船地域は東北から九州までと広がってきています。特に富山湾、佐渡沖などの北陸地方や、太平洋側の茨城、千葉、神奈川に加え東京湾でも狙える関東地方、駿河湾や遠州灘、志摩沖などの東海地方で人気があります。

アカムツ釣りの時期

一年中狙える魚で周年出船している船もありますが、浅場に寄る産卵期が狙い目となり、この産卵期に合わせて出船する船宿が多いです。産卵期は海域によって変わるものの概ね夏~秋ごろ。関東以北では120~160mラインの浅い場所で狙える海域も多く、初心者でも挑戦しやすい時期となります。

旬でいえば年明け~春ごろに産卵に向けて脂を蓄えるため、この時期に出船している船で狙ってみるのもいいでしょう。

アカムツ釣りのタックル

続いてアカムツ釣りに向いているロッドやリールなどを紹介します。

アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのコツ 【仕掛けへの工夫・誘い】が重要アカムツ釣り仕掛け図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ロッド

ロッドは船宿指定のオモリを背負えるものがまず前提となります。仕掛け図では深場想定の250号となっていますが、オモリは狙う水深によって120~250号ぐらいまで使用し、浅場狙いであれば120~150号ほどのオモリでライトなタックルが使える場合もあります。

その上で、アカムツ専用や深場用のロッドが発売されており、それを使うのが間違いないですが、その他のロッドを代用する場合はアカムツは口切れしやすいため硬いロッドより、柔らかいロッドが向いています。7:3調子か6:4調子の、穂先感度がいいものを選ぶといいでしょう。

リール&ライン

オマツリ防止のため、船中でミチイトの号数をそろえることもあるので船宿に事前に確認します。また、狙う水深も確認し、「水深+150m」ほどの余裕のある糸巻き量の電動リールを用意しましょう。

ミチイトは正確なタナ取りを行うため、10m毎のマーカー入りが基本ですが、フグやスミヤキによる高切れを防ぐため、単色のものを使うという人もいます。その際は、電動のカウンターと実際の誤差を事前に確認しておきましょう。また、荷物にはなりますが、高切れした場合を考えて予備のミチイトをもっておくと安心です。

仕掛け

仕掛けは大別すると胴突きと天ビン吹き流しの2種。潮流の影響を受けにくく操作性のいい胴突きの使用が定番ですが、潮の流れ具合によっては吹き流しが有効なこともあります。船宿によって、使う仕掛けの種類や針数が指定されている場合があるので事前に確認しましょう。

ハリ

ハリはホタバリ、ムツバリなどが主流ですが、両者のメリットなどを備えたアカムツ専用のハリも各社からリリースされています。赤や蛍光塗料で塗装されたものや、ケイムラ加工が施されたものもありバリエーションは豊富です。

アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのコツ 【仕掛けへの工夫・誘い】が重要カラーバリエーション豊富な専用針(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

また、バラシを減らすため孫針仕様にし、1本をホタルイカのエンペラ、もう1本を目と目の間辺りにハリ付けするという仕掛けもあります。

水中ライト

基本的には、曇天時など光量が少ない場面で活躍します。水中での抵抗を受けにくい小型のものがオススメです。状況次第で、エサ取りやサメを寄せやすいので注意しましょう。また、「使おうと思ったら電池が切れていた」などがないように釣行前に交換するか、予備を忘れずに持っていきましょう。

次のページでアカムツの基本的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。