アカムツ釣り釣果を伸ばす3つのポイント タックルのキホン~釣り方

アカムツが生息するのは光すら届かないであろう水深200mオーバー。それゆえ、仕掛けやアイテムにこだわることで釣果を伸ばす人が多いのも事実。本項では、それぞれの使用意図などをまとめた。「なぜ、それを使うのか」を意識しながら、状況に合せて随時創意工夫することが重要だ。アカムツ(ノドグロ)狙いの中深場釣りの世界へようこそ!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アカムツとは?

アカムツ(標準和名)は、スズキ目ホタルジャコ科アカムツ属。口の中が黒いことから「ノドグロ」の通称で有名。水深100〜200mに住む深海魚だ!

皮や皮下に脂があるので、皮付きの料理が美味しい。塩焼きにすると皮と身の間から濃厚な上質な脂が滴る。また、これからの時期は皮付きの切り身でしゃぶしゃぶや皮目をさっとあぶった刺し身などは絶品の魚。

アカムツの仕掛けと釣り方を紹介していこう。

アカムツ釣りのエサ

ホタルイカエサが定番。単体で使用する場合はエンペラからハリを刺し縫い刺しが基本。

ホタルイカ+切り身の例

また、サバの切り身などと併せてエサ付けすることが多い。身エサは、オニカサゴなどと同様に、身を削ぎ海中で漂うように調整。また、食用の染色材を使い緑や青に染めるのも、潮が濁っているような場面や、水中ライトが使用できない海域では有効とされる。

リールとミチイト

リールはライン容量に注意。オマツリ防止のため、ミチイトの号数をそろえることもあるので事前に確認。また、狙う水深などを確認し、「水深+150m」ほどの余裕のあるイト巻き量の電動リールを用意すること。

天ビン・胴付き
 

ミチイトは正確なタナ取りを行うため、10m毎のマーカー入りが基本だが、フグやスミヤキによる高切れを防ぐため、単色のものを使うという人もいる。

その際は、電動のカウンターと実際の誤差を事前に確認しておく。また、荷物にはなるが、高切れ時の予備も持参しておくと安心だ。

胴突きと天秤仕掛け


仕掛けは大別すると胴突きと天ビン吹き流しの2種。

潮流の影響を受けにくく操作性のいい胴突きの使用が定番だが、潮の流れ具合によっては吹き流しが有効なこともある。カラーバリエーション豊富な専用ハリ

アカムツ釣りのハリ

ハリはホタバリ、ムツバリなどが主流だが、両者のメリットなどを備えたアカムツバリも各社からリリースされている。赤や蛍光塗料で塗装されたものや、ケイムラ加工が施されたものもありバリエーションに富む。

バラシを減らすためWバリ仕様にし、1本をエンペラ、もう1本を目と目の間辺りにハリ付けするという仕掛けもある。

水中ライト

水中での抵抗を受けにくい小型のものが人気。状況次第で、エサ取りやサメを寄せやすいので使用しないこともあるので要注意。

基本的には、曇天時など光量が少ない場面で活躍。また、「使おうと思ったら電池が切れていた」などがないように釣行前に交換するか、予備を忘れずに。

装飾品

福徳丸船長の仕掛けの一部

シモリ玉やマシュマロボール、フロートパイプにタコベイトなど多数。