大物狙いに伊良湖沖へ!新兵器炸裂でヒラメ連チャン【愛知県・直栄丸】

大物狙いに伊良湖沖へ!新兵器炸裂でヒラメ連チャン【愛知県・直栄丸】

冬の伊良湖沖での泳がせ釣りは、ヒラメの他にサワラや青物など多彩な大物が狙える。そこで12月21日、南知多町片名漁港直栄丸に乗船した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊良湖沖の楽しみは続く

当日の伊良湖沖はサメの活性が高く、他船ではヒラメがボウズの人も多かったと聞いたが、これだけ充実した釣果を与えてくれた磯部船長に感謝して帰路へ就いた。

今回、実験してみた複合ワイヤー仕掛けでサワラは釣れなかったが、併用して底物を狙う場合のデメリットや、80~90cm台のサメと2度ファイトしたが強度に不安はないことが分かったので、今後さらに熟成させたい。

なお、伊良湖沖の泳がせ釣りは真冬になるとザブトンビラメが狙い目。

大物狙いに伊良湖沖へ!新兵器炸裂でヒラメ連チャン【愛知県・直栄丸】鈴村さんの本命ヒラメ

また、サワラは春までいて、水温が下がって小魚が水道に固まれば、ブリやワラサが最盛期を迎える。楽しみは、まだまだこれからだ!!

<週刊つりニュース中部版 五井貴矢/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
磯部釣船・直栄丸
出船場所:南知多町片名漁港
この記事は『週刊つりニュース版』2019年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。  

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。