贅沢2刀流釣行!沖磯フカセグレ&ヒラスズキゲーム【三重県・南伊勢】

贅沢2刀流釣行!沖磯フカセグレ&ヒラスズキゲーム【三重県・南伊勢】

12月16日、三重県・南伊勢町贄浦の磯で開催した例会に参加した。メインでフカセ釣りでグレを。合間にヒラスズキゲームを行った。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

まずはエサ取りの猛攻

贅沢2刀流釣行!沖磯フカセグレ&ヒラスズキゲーム【三重県・南伊勢】タックル図

13人の参加者全員が受け付けを済ませて船に乗り込み出船。沖磯のチカラから順番に渡り、私は3人で双子に渡礁した。

磯に上がったら、順番に釣り座を決める。最後の私は水道の奥となり、準備を始めた。

エサは生オキアミ6kgに配合エサを2袋混ぜたものとボイルオキアミ。セパレートバッカンを使用して使い分ける。サシエサはスーパーハードとボイルオキアミとむき身を用意した。

仕掛けはPEライン0.8号にショックリーダー2m、ウキはゼクトαの01で釣り始めた。

足元にボイルをまいて仕掛けを投入。海は少々荒れ気味で、右からのサラシに押し出されてかなり速く右に流れる。回収するとエサはなくなっていた。エサ取りの活性も高いようだ。

生のマキエサを向かいの磯のサラシにまき、足元にボイルをまいてエサ取りを沖に分離させようとする。しかし釣れるのはカサゴやアイゴばかり。

合間にヒラスズキゲーム!

少し間を取るためにヒラスズキゲームを。

ペンシルべイトをセットし、サラシが出るタイミングでキャスト。足元でいきなり出たがフッキングしなかった。

ミノーに変更して水面下を狙うと、次はしっかりフッキングして55cmのヒラスズキをゲット。ヒラスズキの活性はかなり高く、その後も55cmと60cmをゲットすることができた。

磯替わりでもエサ取り高活性

午前10時半ごろになると、波が高くなり釣り座が水没してきたので、安全のため磯替わりすることにした。

2人と1人に分かれ、私は1人でロープ裏に渡礁するこのポイントは波も風もなく、足元の水深も浅いので、ミチイトをナイロンのフロートラインに替えてウキを浮かせる仕掛けに変更した

際にエサをまくと、トウゴロウイワシを筆頭に無数のエサ取りがアタックしてきた。サシエサが通るか分からないが沖に仕掛けを投入。回収するとやはりエサが残らないので、際狙いに変更した。

潮は右から左へかなり速く流れ出ているので、右のサラシに生のマキエサを打ち、左のハエ根下のオーバーハングを狙う。狙いのポイントにボイルをまく。生のマキエサにエサ取りが集まるので何とかかわすことができた。

ウキ入るもブダイ

しばらくアタリはなかったが、ようやくウキに反応が出た。

ウキがゆっくり入ったのでアワせると、いい手応えだったが赤い魚影。40cmオーバーのブダイだった。

その後も反応はボチボチあるが、釣れるのはブダイとアイゴとカワハギで、グレが出てきてくれない。

やがて正午を過ぎると潮の流れがかなり緩くなり、狙いのポイントに仕掛けが落ち着くようになった。

ようやく本命40cm!

ここでウキがゆっくり入ったのでアワセを入れた。これもいい手応えだ。際に入られないように強引に浮かせると、40cmオーバーのグレの姿。慎重にやり取りしてタモに収めた。

贅沢2刀流釣行!沖磯フカセグレ&ヒラスズキゲーム【三重県・南伊勢】本命ゲットだ!

ようやく本命のグレをゲット、しかも43cmの良型だ

もう1匹と仕掛けを投入するが続かず。さらに波は高くなり、予定より2時間早い午後2時に納竿となった。

他の磯でも40cmオーバーが出ていた。これから寒グレシーズンに入るとさらに期待できると思うので、皆さんも足を運んでみてはいかがだろう。

贅沢2刀流釣行!沖磯フカセグレ&ヒラスズキゲーム【三重県・南伊勢】釣果

<週刊つりニュース中部版 APC・TEAM凪・芝垣直輝 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
和丸渡船
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。