投げ分けてポイントを探せ!投げアナゴ釣り【三重県・霞が関埠頭】

おいしいアナゴの天ぷらが食べたくて11月末、四日市市の霞ケ浦ふ頭に夜釣りに出かけた。当日はヒイカ狙いで混雑していたが、果たして投げアナゴ釣りで天ぷらにありつけたのか?

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ウール岸壁ではヒイカが人気

通称ウール岸壁に午後6時半に到着すると、岸壁から海面を照らすライトが並んでいた。ライトの周りには小さいエギや電気ウキ仕掛けを持った釣り人が並んでいる。しばらく見学していると、電気ウキにアタリが出た。

小さい魚体ながら一人前に海水をジェット噴射して上がってきたのはヒイカ

岸壁全体がヒイカの人気スポットになっているようで、あちこちでポツリポツリとジェット噴射が見えた。

アナゴ釣りスタート

タックル図

私の狙いはアナゴなので、ライトの当たっていない暗い場所を探して移動する。

運良くライトとライトの間にポッカリと空いているスペースがあったので、すぐに車を岸壁に横付けした。

3本のブッコミ仕掛けにアオイソメを刺し、遠中近と投げ分ける。

しばらくすると中近のサオの鈴が同時に鳴った。

2本ともサオ先にクイクイとアタリが出ている。

左右の手でサオを持ってグイッとアワせてから中投したサオを巻き上げると重い。期待して海を見るとカニだ。

だが取り込む寸前にポチャリと落ちてしまいガッカリ。

すぐに近投したサオのリールを巻くと、クネクネした30cm超のアナゴが上がってきた。

暗い近場が狙い目

遠投したサオは静かでエサをチェックしても残ったままだ。そこで今度は中投1本と近投2本でアタリを待つ。

やがて中投の鈴が一段と大きく鳴った。ブルブル抵抗して海面でエラ洗いのジャンプを見せたのは19cmのセイゴ

19cmのセイゴもキャッチ

近投のサオの鈴も大きく鳴って40cm近いアナゴが上がってきた。もう1本の近投も30cm弱が連続ヒット。時合い到来か。

少し広範囲を探ろうと隣の人の邪魔にならないように左右に投げてみたが、ライトに照らされた明るいポイント際ではアタリが止まってしまう。やはり夜行性のアナゴは暗闇が好きなようだ。

前方を中心に左右のライトの明かりが届かない暗部に仕掛けを投入する。ハゼや鉛筆サイズのアナゴに交じってセイゴや30cm前後のアナゴを追加していく。

小型は全てリリース。中近でアタリが遠のくと足元を狙って追加した。

夜行性アナゴは暗闇が好きなようだ

最終釣果

午後9時前からは小型のアタリもなくなり、てんぷら分は十分に確保できたので9時半にサオを納めた。

釣果はアナゴ27~39cm10匹とセイゴ16~19cm3匹キープした。

翌日の夕食にはフワフワのアナゴのてんぷらをパクパク、ビールをグイグイ…、うま~い♪今度はヒイカにしよう♪

天ぷらでいただきます!

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市市 霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。