ウルトラライトエギングでヒイカゲーム満喫!【愛知県・名古屋市】

11月末、あまりの穏やかな天気で、自宅でテレビ鑑賞はもったいない。夕食を済ませ、満潮から下げ潮を狙うため、ゆっくりと家を出た。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ウルトラライトタックルでヒイカ!

向かった先は名古屋港で、タックルはウルトラライトタックルの1本だけを車に積み込んだ。

狙う獲物はそろそろ回って来ているであろうヒイカ。小さなエギケースをポーチに入れ、念のため根魚用ジグヘッドもほうり込んだ。

どこへ行こうか考えながら車を走らせて、名古屋市港区金城ふ頭周辺へ向かった。

取りあえず明かり周りを狙ってみたが、全く反応がないまま時間が過ぎた。

時刻は午後11時を過ぎ、ヒイカ狙いでキャストを続けてのウオーキングで、かなりの距離を歩いた。最近の運動不足を反省しながら足場のいい護岸を探っていった。

終了時刻が迫るなか、手っ取り早く探りを入れるため、1.8号のエギにイトオモリを巻いて底周辺を素早く探る作戦に切り替えた。

フルキャストでヒイカ登場!

今回のタックル

そして、フルキャストで広範囲を探り始めた時、反応が出た。

キャスト範囲が広がり、快適に底が取れてシャクリを緩く入れてカーブフォールを心がけていると、プンとラインが弾かれた。

その瞬間腕が反応しアワセを入れた。

キュンキュンと1年ぶりの手応えを味わい、ゆっくりと抜き上げると、エギをしっかりと抱き締めたヒイカの登場だ。

新調したスマホで撮影して、ビニール袋にキープした。次のキャストでは無反応。その次はキャストの向きを大きく変えて着底を待った。

着底後、底からあまり離さないようなズル引き&軽いシャクリで反応を得た。

誘った後にエギの重みよりもさらに重量を感じた。

それを軽く聞きアワせるとうまいことヒットになった。

ゆっくり感触を味わいながらキャッチ。次も同じような誘いで連続キャッチ。

一気にヒイカが入ってきたのか、それともスイッチが入ったのか。

深夜の護岸でニヤついていたので、自撮りはやめておいた。

広範囲に攻めてようやく1杯目

底のズル引きがパターン

防寒対策をしっかりしてヒイカを釣りに行こう♪

それからは、帰宅時間を少々延長

パチンと弾いたりするアタリもヒットに持ち込めた。

さまざまなアタリで反応が出たが、底のズル引きが一番多くヒットを得られたように思えた。

約1時間で総数は9匹ではあったが、今年の初物の調査を終えた。

当日は初冬とは思えないほどの温かな陽気で、防寒服を忘れるほどの日和だった。

これからは寒さも日に日に増すだろう。

例年の推移では、これからがヒイカの最盛期に入るはず…。

防寒服を積み込み、万全の用意で楽しんでみたい。

釣ったイカは美味しくいただきました

<週刊つりニュース中部版 APC.土屋英孝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
金城ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。