沖縄で人気上昇中!パワーひとつテンヤ釣り!【キホン解説&遠征釣行】

沖縄県の海といえば海水浴にシュノーケリングにダイビング!だけではない。知らない人も多いかもしれないが、実は船宿が点在している。昔ながらの漁師兼用の釣り宿もあるが、最近ではプレジャーボートを使用し遊漁を楽しませてくれるところもある。今回はそんな沖縄で最近流行りのパワーひとつテンヤ釣りで様々な魚を狙ってみた。

沖縄県のリアルタイム天気&風波情報

川島久司
川島久司

東京湾、相模湾をホームグラウンドとし旨い魚を求め旬の釣りを楽しむ。日本各地、海外遠征も行うマルチアングラー。海好きが講じサーフィンも得意とする。スポンサード:株)Duel、有)サニー商事、株)ボナンザ、Aiプラスカスタムロッド 他

川島久司の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

沖縄遠征2日目

カンモンハタ、アカハタ

遠征2日目もFishing Boat北斗に乗船を頼んではあったものの、この日は残念ながら北西からの強烈な風にうねりが伴い出船中止となってしまった。

しかし風裏となるうるま市屋慶名漁港あかね丸に連絡をしたところ、出船可能という事なので船を仕立てる事に。

2時間の移動を経て屋慶名漁港に到着。船長に挨拶を行いいざ出船。こちらの海は島から風が吹く状態で沿岸はべたなぎ。沖に出ると多少風の影響でざわつく程度。

屋慶名漁港沖の島周りでパワーひとつテンヤゲームを展開することとなった

まず初めは20mから50mまでの掛け下がりを狙うとミーバイ(カンモンハタ)やアカハタなどが頻繁ヒット!見たことのないベラや色鮮やかな魚も面白いように食ってくる。

マクブー

根がきついため根掛かりも頻繁に起こるが、それ以上に魚からの反応がすこぶる良くて面白い!

ただ、やはり根に潜られたり針を伸ばされたり、リーダーを切られたり・・・。関東のひとつテンヤ真鯛感覚でやったら魚がとれない。フッキングした瞬間驚いたように根に潜ろうとするので必死に食い止める!しかしトルクフルな大型はなかなか掛かっても捕れない!きっとアカジンや大型のハタ系もしくは遊泳力の強いGTや鯛系の魚なのだろう。

タックルのパワー不足・・・

沖縄の魚は強い!

後半は砂地の粒根交じりの50m~60mでさらに大型を狙うも、やはり大型の魚は掛かるのだが歯が立たない。

船長曰く大型のタマン(ハマフエフキ)だろうとの事。しかし終わってみれば色とりどりの魚が沢山釣果を賑わしクーラーを賑わすことが出来た。

今回の釣行で切実に思った感想は、スレていない魚ばかりなためにデカい魚が何の抵抗もなく針がかりしてくる事!そして一気に根に走る難しさを痛感。

沖縄の魚は強い!

次回のパワーひとつテンヤは、もう少し上のスペックでデカい魚を確実にとれるタックルで挑もうと思いました。

3日目は読谷にて大物泳がせ釣り、4日目は太刀魚釣りの予定であったが、台風の影響で延期や中止に。これも自然相手の遊びだからしょうがない。

Hisashiの釣果グルメ!

タマン、シルイユー、ヒメジのお造り

沖縄ならではの魚はやはり現地で捌いて食べるのが楽しい。

ハマフエフキ、シロダイ、ヒメジの刺身、そしてスジアラやハタ系のオイスターソース餡掛けは絶品。

沖縄の魚は脂がのっていないものが多いが、身自体が甘みを持つ。シークワーサーにワサビ醤油で刺身を食べるやり方など、その土地に合わせた食べ方も遠征ならではの楽しみだ。

思いっきり釣って疲れた体に地酒が染み入り、沖縄の夜が盛り上がる。そして、尽きることのない釣りの話題。また絶対沖縄に戻ってこよう!

アカジン、アカハタのオイスターソース餡掛け

<川島久司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
瀬底島:Fishing Boat北斗
慶名漁港:あかね丸