夜のぶっこみ釣り!ちょい投げで五目達成【三重県・津ヨットハーバー】

11月末、夜釣りを楽しもうと三重県津市津ヨットハーバーに出かけた。午後6時に南堤基部に到着。長い堤防なので道具をコンパクトにまとめて釣り場に向かった。夜のぶっこみ釣りを楽しむつもりだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ぶっこみ仕掛け3本で開始!

当日の釣り場

満月に照らされ大勢の釣り人の影が並んでいる。

波間には赤や緑の電気ウキがユラユラ揺れていた。

夜釣りのこの光景も大好きだ。

白灯台の先端周りは満員御礼状態。

少し手前の空きスペースに釣り座を構えてぶっこみ仕掛けを3本準備する。

一投目ははやはりワクワクする。

今日はどんな魚が遊んでくれるだろうか。

 

タックル図

それぞれにアオイソメを刺して岩田川向きにチョイ投げする。

2本はサオ先に鈴を付けて置きザオに。残り1本は手持ちで、軽く投げて岩田川河口中央から手前までさびきながら反応を見る。

手持ちザオで探っていると、置きザオの右側の鈴がチリリンと鳴った。

飛んで行ってサオ先を見るとクイクイとお辞儀している。エイッとサオをシャクって掛けアワせると重かったが、リールを巻き始めると急に軽くなり、仕掛けを回収するとハリスが切られてハリがなくなっていた。

仕掛けを取り替えようとすると左側のサオにもアタリ。

速攻アワセを入れてリールを巻く。テンションが掛かったまま水面から飛び出したのはクサフグだった。

これでハリスを切った憎らしい犯人が分かった。ハリを外そうとすると提灯のようにプクッと膨らむ。愛きょうがあって憎めないヤツだ。

カサゴが連発!

堤防からの夜景

仕掛けとエサを付け直して先ほどより遠くと近くに投げ分ける。

手前までさびき、投げ込んだままになっていた手持ちザオを回収するとエサがなくなっていた。

エサを刺してチョイ投げすると、近くに投げ込んだ置きザオにアタリだ。アワセを入れてから巻き上げると、17cmほどのカサゴが上がってきた。

ハリを外していると、投げ込んだばかりの手持ちザオのサオ先がグイグイ曲がっている。慌てて巻き上げると15cmのカサゴがヒット。

近場を攻めて五目達成!

置きザオで狙う

近場でアタリが出るため、3本とも近場に投げて置きザオでアタリを待つ。

鈴がリンリン鳴ってセイゴ18cm、チリンと鳴って鉛筆サイズのアナゴや小メバルがヒットするが、小型はリリースしていく。

カサゴも小型に交じる15cm超はキープ。時々フグにハリスを切られるがアタリが出るので飽きない。

エサのチェックのためにサオ先を持ち上げるとコツコツとアタリがあり、顔を見せたのは19cmのウミタナゴ。これで五目釣りとなった。

次ページで最終釣果は?