ランカー級ヒット!ボートシーバスでラッシュ堪能【愛知県・名古屋港】

ランカー級ヒット!ボートシーバスでラッシュ堪能【愛知県・名古屋港】

11月前半、釣友の田崎君、10フィートアンダーソルトの伊豫部君と早朝から名古屋港のボートシーバスゲームに出撃。秋の荒食いを期待して、愛知県・飛島村の筏川から出船した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シーバス狙い今回のルアー

今回用意したルアーだが、表層から2mレンジまではソーランヘビーミノー、シャドウラップディープシャッド、360GT(ワーム)、2mからディープはBLV25g、ソーランブレード29gをセレクト。

だいたいこれだけあれば、名古屋港の全てのエリアでシーバスを狙える。

ベイトはカタクチとマイクロの2パターンに絞る。

バースとストラクチャー周りから

最初はバースと壁のストラクチャー周り。シャドウラップディープシャッドを壁と平行にリトリーブすると、ゴンとコンタクト。ファーストヒットは50cm台後半の元気なシーバスだ

田崎さんも同レンジをリトリーブし、同サイズのシーバスをキャッチ。伊豫部君はソーランブレードで少し深めを狙い、巻き上げでナイスキャッチ

序盤からシーバスのプチラッシュだ。

穴撃ちで60cmオーバー!

ランカー級ヒット!ボートシーバスでラッシュ堪能【愛知県・名古屋港】360Gにヒットしたシーバス

次は壁近くのバースの穴撃ちだ。360GTを狭い穴に撃ち込んでいく。

360GTはワームなので、ある程度ぶつけても破損しない。

すると、穴の出口付近でシーバスの丸見えバイト上がってきたのは60cmオーバーのシーバスだ。

田崎君も同サイズをキャッチ。シーバスの活性も上々のようだ。

次は移動して沖のブイをランガンしていく。

BLV25Gとソーランブレードを数投ずつして移動を繰り返す。ソーランブレードに50cmアップのシーバス。

だがやや爆発力に欠ける。

沖のストラクチャーへ移動

ランカー級ヒット!ボートシーバスでラッシュ堪能【愛知県・名古屋港】次々とキャッチしていく

次は大きく移動し、沖のストラクチャーだ。

シャドウラップディープシャッドを、重点的にシェード部分へキャストをしていると、早速シーバスのバイト。60cmアップだ。

続く田崎君、伊豫部君ともに50~60cmのシーバスを次々にキャッチしていく。

次はもう一度沖面のベイト反応があるエリアをチェックする。しかしシーバスからの反応がいまいち薄い。ある程度反応が大きいエリアでシーバスの反応はあったが、水温がまだ23度もあるため、ストラクチャーがカギのようだ。

カタクチの大きさは9cm前後。ちょうどセレクトしたミノーと同サイズだ。

いろいろな情報がシーバスからもらえるため、今後の絞るエリアも徐々に明らかになってきた。

次ページでランカーサイズがヒット!