落とし込みで絶好釣!ヒラマサにヒラメにマダイ【福岡県・第二大福丸】

11月12日、福岡県宗像・大島の第二大福丸で落とし込み釣りへ。同行者は山田さん、佐田さん、小幡さん、江頭さん、稲毛さん、後は乗り合いで5人が乗船した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

魚探システム充実!

出港して玄界灘に出て見るとウネリもなく、ポイントまで時間があるので前の船室に入って仮眠をとる。

この船は探見丸システム搭載船。落とし込み釣りでのベイト(カタクチイワシ)のタナや海底の状況が分かる。

ベイトがどの位置にいるか分かれば、いち早く仕掛けを落としてベイトを掛けることができ、海底近くにいる本命へとエサを届けることができる。

まずは沖ノ島沖から

仕掛け図

朝一番は沖ノ島沖の沈船周りでの釣りだ。

探見丸で見ると沈船の上でベイトのイワシが海底から30m上層までいる。

仕掛けを入れると、40mの所でベイトのイワシが掛かった。

仕掛けを海底まで落としたいのだが、落とせば根掛かりしてしまうので、海底から5m上で釣るよう指示が出た。

指示通りに待つと、すぐにサオ先が大きく上下して一気に海面に突き刺さる引き。

本命ヒラマサだ!

この釣り場で2時間ほど釣って大島沖に移動。

大島沖でヒラメも!

ベイトがいたのでそこでサオを出す。朝、通過するときにベイトはいなかった場所だ。

私の横で釣っていた山田さんにはアタリがよく出ていたが、サオが硬いのか魚が掛かっても口切れを起こしたり、ハリを伸ばされたりしていた。

それでも次第に魚との駆け引きが分かってくると、ヒラマサ6~7kg級やヒラメの2kg級を取り込んでいた。

佐田さんも朝のうちは苦戦していたようだが、9時ごろになってヒラマサの6kg級を手にしていた。

現在のイワシのサイズは17~25cmといったところ。ヤズ(小型ブリ)では一口でのみ込むことができず2、3回ほどガツガツとかむようにしてのみ込んでいるように感じる。逆にヒラメの2~3kg級は口が大きいので一気にのみ込んでいるように感じた。

このポイントでは潮が止まり始めるとベイトがいても青物の食欲が出ないのか魚信がなくなり、納竿となった。

釣果の1匹マダイ

船中釣果はヒラマサ12尾にマダイ1尾、ヒラメ4尾、ヤズ~ブリが1人平均6尾だった。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳 /TSURINEWS編>

▼この船について
第二大福丸
エリア:福岡県宗像エリア

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年11月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。