ストップ&ゴーで60cmヒラメ!サーフルアーゲーム好機【遠州灘】

私事だが、今年から仕事内容が変わり土日休みのサンデーアングラーとなった。ソルトゲームを始めたころから平日釣行が多く、今さらながら土日のアングラーの多さに驚いている。アングラーが多くなればポイント選定も難しくなり、簡単には魚をキャッチできなくなるが、旬の寒ビラメを狙って11月後半に静岡県御前崎市の浜岡海岸へ向かった。冬の遠州灘サーフルアーゲームで果たして釣果は?

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ハイシーズンの遠州灘サーフ

ハイシーズンを迎えた遠州灘サーフ、休日には多くのアングラーがルアーをキャストしているが、特に私のように遠方から訪れるアングラーの悩みは、ポイント選定だ。

釣具店の情報やSNSで釣果情報があるエリアは、多くのアングラーが訪れるため、思うように釣りができない。私の感覚では確かに釣れているエリアというのはあるが、そのポイントに行っても釣果が約束されることはない。

Aエリアで3匹、Bエリアでは1匹釣れていたという情報を聞くとAエリアの方が釣れていると思いがちだが、Aエリアは10人のアングラー、Bエリアは3人のアングラーだったとすれば、Bエリアの方がキャッチできる割合が高いといえる。

今回は弁財天川でヒラメの釣果が聞かれていたが、アングラーも多いと聞いていたため、アングラーが少ない浜岡海岸で朝のワンチャンスを狙った。

当日のタックルとポイント


タックル図

この日の潮汐は、7時40分に干潮となる若潮。

明るくなる午前6時から8時までがチャンスと考えて高台から海を臨むと、海岸線が岬状に張り出した見るからに一級ポイントが目についた。

アングラーが少なく先行者がいなかったため早速ルアーをキャストすると、リトリーブするハンドルが重く感じるいい流れを見つけた。

狙った時合いにいいポイントに立つことができたため、チャンスはあると感じながら光量の少ない時間にアピールできるビーチウォーカーウェッジ高木ゴールドカラーをキャストし、ハンドルを5回巻いたらストップという、ストップ&ゴーのアクションで誘う。

60cmヒラメ登場!

するとルアーが着底した瞬間の巻き始めで違和感があったため、アワせるとドラグをジリジリと鳴らす強い引きが伝わった。ヒットポイントが遠かったため追いアワせた後は、ドラグを緩めた。

60cmの良型ヒラメ

障害物の少ないサーフでは、大型魚でもゆっくりファイトするとキャッチ率が上がる。特に魚を怒らせないことが重要で、無理な引っ張り合いをしなければ魚も急に走ることはない。

ゆっくり距離を詰めると、波間にグッドサイズのヒラメの姿が見えた。

落ち着いてキャッチしたのは、60cmのグッドサイズ。見るからにおいしそうなヒラメを手に、うれしい記念撮影となった。

下げ止まり前にキャッチできたため、上げ潮が効き始めるタイミングにも期待したのだが、その後は気配を感じることなく釣行を終えた。

当日の周辺釣果は?

私が釣行したエリアには10人程度のアングラーがいたが、他にキャッチしたアングラーはいなかったためキャッチ率は1割。

数km離れた人気ポイントは50人以上が並び3匹の釣果。キャッチ率は1割以下と聞いた。

やっぱり良いサイズ!

ハイシーズンでも簡単に釣れないヒラメだが、水温の低下とともに最もおいしい時期を迎える。釣行後においしいお酒を飲むために、年末もヒラメを狙ってみたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・高木孝/TSURINEWS編> 

▼この釣り場について
浜岡海岸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。