正月用マダコ狙い!タコエギ使ったオクトパッシング【茨城県・不動丸】

11月30日(金)、順調な釣果がでているマダコを狙って、茨城鹿島港の不動丸へ出かけた。釣り方は、タコエギを使ったオクトパッシングだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日はタコ釣り日和

4時前に港到着、係留してある船に行ってみると、右舷トモに空席があったので、その場所に入る。5時20分、16人を乗せて菅原船長の舵取りで出港。

空は晴れて星が見え、強い風波もなく海上はナギ。絶好のタコ釣り日和だ。北へ向かって走り、約50分で釣り場に到着。船長から準備のアナウンスがあり、続けて開始の合図。

オクトパッシングタックル

タックル図

オモリ30号にタコエギ2本を付けた胴突き仕掛けを投入。水深28m前後、少し根掛かりするので注意するように指示がでる。

着底と同時にイトフケをとり、まめにタナを取り直しながら海底の根の上スレスレを重点的に攻める。

釣り方は、着底後タナをとったら、竿先を小刻みにあおってタコにアピール、止めて乗りを待つ。

初挑戦者が船中1杯目!

仕掛けを下ろしてまもなく、隣の山口さんにきたらしく、リールを巻きだした。「タコ釣りは初めて」と、いいながら、船中第1号を釣り上げにっこり。

初めての山口さん

船中、ポツリポツリと上がるものの、潮が動いていないらしく、今ひとつパッとしない。ほんの少し移動して再開するが、なかなか思ったように乗ってこない。

それでも辛抱強く誘っていると、竿先がおじぎして、手元に重量感が伝わってくる。「乗った」と、直感して強めに竿をあおり、完全にハリ掛かりさせてリールを巻き始める。

魚のような引きは味わえないが、巻き上げ時の重量感はタコ釣り独特で、何とも言いがたいものがある。1kg級と小さめだったが、無事船中に取り込んだ。

右舷大ドモの上村さんにも掛かったようすで、竿が弓なりに曲がっている。少しして海面に浮上してきたのは、型のいい本命で、仲乗りが素早くタモですくう。

船中最大は3.8kg!

このポイントでは、バラシも多かった。タコが乗った場合、エギを抱きかかえているだけで、ハリ掛かりはしていないことがよくある。バラさないためにも、竿を強めにあおって完全にハリ掛かりさせることが大事。

15分ほど沖に走ったところで再開。潮が動いていないせいか、乗りはピタリと止まり、何度となくポイントを変えて拾い釣り。

後半、左舷トモの新古瀬さんに3kg超えの大型。前後左右で「乗ったよー」と、声が上がる。最後の流しになると、次々と掛かりだす。

ラストは、左舷胴の間の広島さんが、この日最大の3.8kgを上げて沖上がり。

終了間際に大ダコを上げた広島さん

釣果は0.5~3.8kg1~8尾。このあと、渡りダコが期待できるので、数・型ともに釣果が上がるものと思われる。

<週刊つりニュース関東版 APC・西山忠昭/TSURINEWS編>

▼この船について
不動丸
エリア:茨城南エリア
出船港:鹿島港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年12月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。