冬の名物東京湾シャコテンヤ!キホン解説と実釣レポート【一之瀬丸】

スミイカは、その名の通りほかのイカに比べ、大量のスミを作りだすことができる。身やゲソを食べるだけでなく、スミもパスタ料理などに用いる。東京湾では昔から、晩秋~冬の名物釣り物として、活きたシャコを使うシャコテンヤが人気だ。今回はシャコテンヤのタックルと基本的な釣り方を解説。また11月21日(水)、金沢八景の一之瀬丸でのシャコテンヤ乗船取材もあわせて紹介しよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

シャコテンヤ釣りタックル

・専用竿の2.1~2.4m。
・特徴的な9対1ほどの極先調子。
・最近は1.8m前後の短めの竿を好む人も。
・リールはPE2号を200m巻ける両軸がベスト。

ミチイトはあまり細いと投げるときにイト噛みやバックラッシュ、高切れなどトラブルが起こりやすい。

シャクリの力がしっかり加わり、イカの乗りを感知できるちょうどいいのがPE2号という意見が多い。

先端にフロロ4~5号をリーダーとして結ぶ。

タックル例

仕掛け

・テンヤのオモリ部分は白、夜光やオレンジに塗られている
・カラーは好みだが、船宿でレンタルできることが多い
・テンヤの上にスッテや小型のエギを付けることもある。

テンヤ仕掛け

シャコテンヤ釣りのエサ

・冷凍でも、エサ付けの基本は同じ。
・写真を参照に、正しい付け方をマスターしよう。
・〝シャコパンチ〟は貝殻を割るほど強いので、装餌前にハサミでカマを切り落とすか、そのまま付ける場合は十分に注意しよう。

尾の真ん中にVの字に切り込みを入れると装餌しやすい

固定に使用する輪ゴムは、人によって違うが透明のものや色をテンヤに合わせていることが多い

頭とカマを一緒に押さえて串をまっすぐに刺す

シャコテンヤ釣りのスッテ

・イカに興味を引かせる意味でも、併せて使用したい。
カラーは数種あったほうがいい

潮が速いときは、抵抗を受けるので、底が取りづらい場合は外したほうがいい。

いろんな色を数種用意する

シャコテンヤ釣りの釣り方

1.船下でも釣れるが、テンヤを遠くに投げて広範囲を探ったほうが効率的

2.特に浅場では着底に時間がかからないので、ほかの人と仕掛けが絡まないよう、潮上へキャスト

3.着底したらイトフケを取り、約5~10秒おいてからシャクり始める

4.シャクったら竿を上げたままストップ。

5.テンヤの重さを感じながらゆっくり下げながら落とし込む

6.着底したら再度5~10秒間をおく。

シャコテンヤの釣り方

シャコテンヤのシャクリ方

シャクリは小さく鋭くが鉄則。シャクる=アワセとなるので、1回1回しっかりと。シャクる際の動作は、リールのハンドルの付き方によるが、巻くほうの手を竿尻に添えて下に押し出す。

もう一方を胴の下から添えて持ち、引き寄せるように行う。イカが上から落ちてくるテンヤを見つけて寄ってくるイメージ。この時間はフグなどが多い場合にはエサを取られやすいので短めに。乗りが渋いなら長めで行う。

ただ、このタイミングは状況によって変わるので、いろいろと試して探る。

乗ればズシッという衝撃が竿に伝わる。テンヤにはカエシがないので、竿を上げたままイトを緩めないで一定の速度でリーリング。

掛かってすぐにバレてしまうような感触があったら、すぐに落とし込み、もう一度待ってシャクると乗ってくることも。

スミイカの取り込み方

イカが水面近くにきたら掛かりを確認し、ある程度スミを吐かせる

釣ったイカはネットを張ったオケに入れておき、下船前に網ごと船外でスミを洗い流す。

落ち着いて抜き上げ、テンヤのシャコが付いているほうをつかむ。こうすれば、イカの腹側が海に向くので、スミをかけられずに済む

取り込み後は、イカのゲソと胴の中間をギュッと握るとスミを吐かれにくくなる。釣ったイカはネットを張ったオケに入れておき、下船前に網ごと船外でスミを洗い流す。このとき穴が開いていないか確認する。

スミをかけられずにすむ持ち方

次ページでシャコテンヤ釣り実釣!