ギャップ萌え?可愛い見た目で強引!船アマダイ【神奈川県・まなぶ丸】

11月末、相模湾片瀬まなぶ丸からアマダイを狙って出船。寒くなってくるこの時期から本格化する人気ターゲット。私は、昨年この釣りに初挑戦して、その愛らしい姿からは想像できないくらいの強い引きと、感動の美味しさにすっかり魅了されてしまいました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アマダイ釣りタックルと仕掛け

この日は、私を含め5人が乗船。左舷ミヨシに釣り座を構え、準備が整ったところで、定刻の7時に出船した。

予報では少し雨の心配がありましたが、天気は快晴。気温も暖かく、海はベタナギ。

10分ほど走ったところで、「はい、どうぞ。水深110m」と、船長の合図で開始した。

当日のタックル

経験上、この釣りは小突きが大事なイメージ。

前回まではPEライン1号で、オモリ40~60号のライトタックルでしたが、水深が深いぶん、オモリは80号、さらに大型が多く切れてしまう恐れがあるということで、ミチイトは3号を推奨します。

仕掛けは自作。

「OH甘鯛(Wケン)」にフロロカーボンハリスで、全長2~2.2mの3パターンを用意。

ハリは、エサの保持力バツグンのWケン付き。大型にも安心な、中軸のオキアミをまっすぐ刺せるロングシャンク仕様。

船中ポツリポツリ

潮がトロリと、ほとんど動いていないようだったので、ガン玉は打たずに投入。

誘い方はいくつかあるようですが、まずは底を取ったら数回小突き、ゆっくりと1mほどタナを切り、アタリがなければさらに1m誘い上げ~ゆっくり誘い下げるというパターンから試してみました。

しばらく上バリ、下バリともエサが残ってくる渋い状況。

開始から1時間ほど経過したところで、初めてのアタリ。上がってきたのは、定番ゲストのアヤメカサゴ。鮮やかな赤い体色に黄色模様が美しい。

この流しでは右舷ミヨシで船中1尾目の本命が上がりました。

常連のご夫婦が本命キャッチ

このあと、水深120mの深場へ少しずつ移動。右舷トモの常連夫婦に本命が釣れると、先ほどの人に2尾目。

ご夫婦で仲良く本命良型を

可愛いサイズの1尾目キャッチ!

私にもひん繁にアタリはきますが、釣れるのはゲストばかり。アヤメカサゴやトラギスのほか、タマガシラにヒメコダイ。アマダイ釣りで交じる魚はじつに多彩です。

でも、やっぱり早く本命に会いたい。

オモリの形を変えたり、少しだけ投げてみたり。仕掛けの長さや、エサの大きさを変えたりと、あれこれ試行錯誤。

誘いは軽く小突いてゆっくり誘い上げる

11時30分、底を取ったあと、軽く小突いてゆっくり誘い上げると、少しもたれるような重みが…。そのままゆっくり竿を立てて聞きアワせ、巻き上げると本命らしい小気味いい引き。サイズは小さいですが、ようやく本命の姿を見ることができました。

嬉しい本命のアマダイ

アマダイは、〝コンッ〟という金属的なアタリのイメージだったのですが、水深とタックルの違いなのか、食いが渋いときは、エサをついばむように捕食する傾向だという情報があったので、少し難易度が高いように思えました。

次ページで嬉しいゲストと本命追加!