タイラバで90cmブリ!本命マダイ4尾も手中に【愛知県・伊良湖沖】

11月3日に愛知県・南知多町篠島のルアー船に乗船。タイラバを楽しんできた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

出船と今回の装備

当日は午前6時半に片名港に集合し、クジ引きで釣り座を決める。私は右舷ミヨシだ。

タックルは、ダイワ紅牙にPEライン0.8号・リーダー4号を巻いたベイトリールの組み合わせだ。

まずは浅場から

最初は篠島周りのマダイ狙いということで、15分でポイントに到着。浅場なので、90gのタイラバで様子を見る。

着底したらすぐに巻き始め、底から10mくらいまで探る。アタリがなかったらまた底に落とす。これの繰り返しだ。

タイラバでは誘いは必要ないが、巻き上げスピードがキモ。速くても遅くてもアタリは出ない。一生懸命巻き上げを繰り返すが、アタリがなかなかない。

皆さん、頑張ってシャクリます

8時半ごろ、「伊良湖沖に移動します」とアナウンス。

ポイントに到着すると、船長から「タイも青物も狙える場所なので、タイラバでもジグでもどちらでもいいよ」とアナウンス。水深は、40~50mくらいだ。

伊良湖沖でヒット!

そして10時ごろ、ようやく待望のシグナルが。着底から数回巻き上げるとコン、ココンとアタリが出た。そのまま巻き続けると、ググ~ンググ~ンと乗ったようだ。

穂先がたたかれ、マダイを確信。水面にキレイなピンク色の魚体が現れた。35cmほどの食べごろサイズだ。

本命のマダイをキャッチ

その後アタリは出るが、乗らないことが多くヤキモキさせられる。水深90mのポイントに移動し、同サイズを3匹追加したところで正午となる。

タイラバでブリ!

90mで着底していたが、ラインが前に出ていくようになり100mで着底するようになる。

巻き始めるとゴゴンというアタリ。ラインが15mほど出され、大物の予感。慎重に巻くがかなり手強く、ラインが出たり入ったりを繰り返す。

ようやくあと10mまでこぎ着けたが、今度はラインが船下にもっていかれる。とっさに体を乗り出し、船底にこすられないようにして持ちこたえる。

するとゆっくりと船首から右舷側に回ってきた。ようやく海中にユラユラとした大きな白い魚体。

ブリだ!

船長がタモを差し出してくれたので、ゆっくりと誘導してネットイン。

タイラバでなんとブリをゲット!

私の釣果は、40cmまでのマダイ4匹と90cmのブリ1匹。タイラバの奥深さを経験できた有意義な一日だった。

▼出船場所:片名港

<週刊つりニュース中部版 APC・佐久間由郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年11月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。