電動スロー巻きで指5本級タチウオ捕獲!テンヤ釣り【大分県・釣吉丸】

大分沖のタチウオ釣りへ。10月後半に大分市・家島港釣吉丸を利用して釣行した。テンヤ釣りで狙うは指5本級だ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

当日の午前5時に港に行く。同船者は10人で、釣座抽選の結果、私は左舷船首で、次が菅さんと決まり、クーラーに氷を入れて、道具を船に積み込んだ。

船長が来たのであいさつをし、定刻の5時30分に出港した。釣り場は佐賀関の関崎を通って少し南に下った所で、1時間30分ほどかかるのでキャビンでひと休み。

指3本サイズから登場!

タックル図

ウトウトしているとエンジンがスローになり、釣り場に到着。外に出ると多数の船が釣りをしており、漁船もいる。

釣座に行き、エサのイワシを受け取ってテンヤにセット。船長が魚探(魚群探知機)で魚の反応を確認して、釣りダナ70~120mの指示がでると釣り開始となった。

この釣りは初心者にはいいかもしれない。釣り方は、仕掛けをタナまで落とし、電動リールの巻きスピードを2~6でゆっくり自動で上げ(その日の条件でスピードは変わる)、アタリがでたりミチイトが少し緩むなどの変化があったときにアワセを入れてハリ掛かりさせる。

慣れるまでアワセのタイミングが取りづらいかもしれないが、駆け引きが面白い釣りだ。

PEラインの10mごとの色分けで仕掛けを確実にタナまで落としていき、仕掛けが届くとリールの巻きスピードを4にして、ゆっくり自動で巻いてアタリを待つ。

水深100m付近でアタリがあったのでアワセを入れるが、ハリ掛かりしない。再度、仕掛けをタナまで落として巻いていると110mでアタり、アワせるとハリ掛かりした。

一年ぶりのタチウオの引きを楽しみながら釣り上げると、少し小ぶりの指幅3本級だ。

船中指5本クラスも!

テンヤを交換して仕掛けを入れると120mでアタってハリ掛かりしたが、50mほど上げるとハリ外れ。そのまま仕掛けを落としていき、イトフケがでたのでリールを巻き、アワせるとハリ掛かりした。

よく引き、釣り上げると指幅4本級だ。右舷の野村さんは指幅5本級の大型を釣り上げていた。

アタリは多いが、なかなかハリ掛かりしないのでハリが小さいテンヤを使用し、さらにリールの巻きスピードを2にする。アタリがあってもアワせず、食い込むまで待つ。仕掛けを入れてスローで巻くとガツガツとアタり、三度目で確実に食い込んできた。釣り上げると指幅3本級だ。

少し小ぶりのサイズが多いようだが、船中では何人かが指幅5本以上を釣っており、私も釣りたいサイズだ。

指5本の大型

次ページで最終釣果発表!