Dr.近藤惣一郎フィッシングクリニック【オニカサゴ根掛かり恐怖症】

問診票

オニカサゴは釣っても食べても最高で大好きな釣りなのですが、積極的に底を攻めると根掛かりを頻回に起こしてしまいます。逆にタナを上げ気味にするとアタリが出ません。何かよい対策はありますか。

近藤 惣一郎
近藤 惣一郎

医学博士・京大卒。SOグレイスクリニック院長。脳外科・美容外科専門医。DAIWA沖釣りフィールドスタッフ。ロンリー侍ドクターとして各種メディアで活躍中。

近藤 惣一郎の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

診断結果:根掛かり恐怖症

根掛かりを恐れていてはオニカサゴに限らず根魚を積極的に釣ることはできません。しかし頻回に根掛かりを起こすと時間や仕掛けをロスしてペースを乱し釣果に大きく影響します。

処方箋

根掛かりを起こさず魚を釣るためには、しっかり海底形状の変化を船の動きを含めてイメージし、仕掛けが海底をトレースできること、つまり如何に最適なタナ取りをできるだけ長い時間できるかにかかってきます。今回は「ショートハリス+先調子ロッド手持ちスタンディングスタイル」により、根掛かりを防ぎつつ、最適なタナ取りを効率よく行う方法を紹介します。

ショートハリス仕掛け

オニカサゴ釣りのハリス長は一般的に1.8〜2m

潮が速いときは長目、緩いときは短めがセオリーとされているようです。

しかし私は120cmのショートハリスでロッドを終始手持ちスタンディングで攻めることを基本にしています。

サバ短冊

ショートハリス釣法

仕掛けを投入し海底が近づいたら、余分な糸フケを出さないためにスプールにサミングを掛けながら丁寧に錘を着底させましょう

糸フケはサオ先を海面に向けリーリングやパワーJOGレバーで瞬時に巻き上げ即戦闘体勢に入れることが大切です。

タナ取りの方法

タナは天秤・錘の位置が底からハリス長の半分が目安です。

その時リーリングで仕掛けを上げるのでは無く、私は海面に向けたサオ先を上げるロッド操作で行います。

胴に曲がり込んだり軟らかいロッドでは素早い正確なタナ取りはできません。

ロッドは7:3〜8:2の先調子で釣り人のロッド操作がタイムラグ無くダイレクトに仕掛けに伝えられるものが必要です。

120㎝のショートハリスならサオ先を60㎝上げるだけです。

ショートハリスだからこそ出来るこの戦略は特に根回りや水深が変化するポイントで有効になり、この方法でこまめにタナを取り直すことで船の動きによる水深変化にもタイムラグ無く対応、それ自体が誘いになるのです。

ロングハリスの場合は?

ロングハリスの場合、例えば2mハリスだと天秤・錘を1m上げなくてはなりません。

すると単純にサオ先を上げるタナ取りだとサオ先が上がりすぎるのでリーリングでのタナ取りになります。

リーリングでのタナ取りはどうしてもタイムラグができたり、サオ先の位置がぶれることでタナが不正確になりがちです。

違いはタイムラグ

魚の活性が高い時タナは上ずるとは言っても、オニカサゴは底にいる魚です。餌が底から離れすぎればアタリは出ません。

ハリスが短ければ、心理的に根掛かりの心配が薄れ、天秤・錘が底を叩くよう、正確に底をトレースし攻撃的に底を攻められます。

一方長ハリスだと海底形状が複雑であったり、潮が緩い時は根掛かるリスクが増え、タナをとる際もついつい心理的に仕掛けを上げすぎタナが上ずることが多くなってしまいます。

長ハリスはサオ操作で天秤を動かしても、その動きがダイレクトに餌に伝わり難く、タイムラグによって根掛かりが増えたり、魚からのシグナルも見逃しやすくなるのです。

オニカサゴ釣果