イシダイ&イシガキダイ好調!2尾手中!石物釣り【和歌山県・中紀】

今年は中紀の磯底物が好調だ。しかし、台風の連発でサオ出しできる機会が非常に少ない。シケの合間を狙って出かけるしかない。なかなか思うようにいかないものだ。10月前半、石物を狙いに中紀・由良町大引の磯へ釣友と釣行した。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

1週間ぶりの出船

当日は何とかサオ出しできるような感じだった。釣友の川田さんと中紀・由良町大引の磯へ出かけてみることにした。同地の上野渡船の話では、1週間ぶりに出られる状況になったそう。だが、次の台風25号のウネリが出ていて、翌日からは無理かもしれないとのことだった。

久しぶりの出港とイシダイが好調のためか、平日というのに底物狙いの人だけで10人以上もいる。上物狙いもイサギが好調で、底物、上物合わせて20人以上もの釣り人だ。

ウニ持参でヒジキ島へ

期待の朝一なのだが

予約していたウニを入れてもらって夜明け前に大引港を出た。私と川田さんはヒジキ島の東へ渡る。川田さんがアリ島向き。

私がヒラバエ向きにサオを出した。いくら好調だとはいっても、もう1週間もエサが入っていない。魚が居るかどうか心配だ。

期待の朝一も・・・

タックル図

当日は渡礁時から午後2時までは上り潮だ。釣りを始めて1時間ぐらいはサオ先がピリッともしない。エサのよく入っているときなら、トゲを切り取ったウニなら瞬殺なのだが…。

何度かエサを点検してみたが、トゲを切り取ったウニがそのままの状態で上がってくる。いつもなら期待の朝一がなかなか手強そうな状況だった。

そのうちにサオ先が時々ピリピリと震えるように動きだした。しかし、それも長続きするのではなく、単発的に触ってくるだけだ。

ようやく本命のアタリ!?

2時間ぐらい経過したころ、川田さんのサオがコツン、コツンとたたかれる。

「おっ、イシダイのアタリですね」と川田さん。「これは入るかも」と二人で見守る。

しかし、期待もむなしく食い込むことはなかった。川田さんが仕掛けを巻き上げると、ウニが完全に取られてハリが丸裸になっている。アタリはこの1回で、また静寂な時間が経過する。

ただし、本命が居ることだけは確認できたので、じっくり粘る準備ができた。

いよいよ本命顔見せ!

50cmありそうなイシダイ

9時過ぎから石物のアタリが出る。まず私のサオがグーンと舞い込む。十分に食い込ませてアワセを入れた。ところが根掛かりしたように動かない。魚が沖方向に走った時にオモリが岩にかんでしまったようだ。

川田さんのサオが舞い込む。なかなかのいい引きだ。海中に白い魚体が見える。

イシダイだ!

海面にシマ模様の美しいイシダイが浮いてきた。50cm近くありそうだ。リールのカウンター28m地点でのヒットだった。

次ページで追釣り!