10分に1尾!3時間で19尾!タチウオテンヤ釣り【兵庫県・男鹿沖】

タチウオの沖釣りもそろそろ後半戦ですが、数がしっかり稼げる釣況が続いています。11月3日秋晴れの海、マイボートからのタチウオテンヤ釣りで、兵庫県家島諸島男鹿島沖ポイントへ向かいました。このエリアでのテンヤタチウオの釣り方も含めて、レポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

丸山明
丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

丸山明の担当記事を読む
×閉じる

船釣り ボート釣り

当日の状況

日の出前6時に出航して、7時に男鹿島南東部水深50mポイントへ到着です。すでに、数隻のボートが釣り始めていて、最近の好釣果をうかがい知ることが出来ます。

本日は若潮で満潮が7時14分。なので、ほぼ潮が止まっている状態から下げ潮に入るところです。ボートは緩い北風に流されている状態で、やはり潮の動きはありません。

男鹿島のポイント

潮の動き始めでアタリ!

テンヤ仕掛けにイワシを付けて、まずは50mの底へ送り込みます。

着底後、デッドスローの巻き上げをしますが、アタリが出るであろう40mまで音沙汰なしで、やはり潮が動き始めるまでは反応がないようです。

7時20分を過ぎるころには、ゆっくりながらも潮が動き始めた途端にコンコンとアタリが出始めました。イワシを突っついているのでしょう。

1尾目は指3本でも格別!

コンコンとアタリが出たところで、一旦巻き上げを止めます。テンヤを止めた状態で待ち、少し送り込んでやると、テンヤのイワシに食いつくアタリが出ました。ここですかさずアワセ!グンとサオが曲がり、重みを伝えてきます。

この小さなアタリから大きなアタリに変化して、アワセの決まるまでの過程がタチウオテンヤ釣りの醍醐味です。平均的サイズの指3本幅の魚体は朝日に輝きます。

1尾目が来ると、どんな釣りをしていてもホッとします。

テンヤ仕掛けのハリがかり

テンヤタチウオの誘い方

アタリもいろいろありますが、アタリを出す誘いがまず必要です。

1.基本は、ゆっくりと巻きあげてきます。アクションは必要なく、ただ巻きです。水深の半分迄巻き上げたら、着底させて繰り返します。
2.巻き上げ途中で、わずかに止めます。これも誘いです。
3.止めて、また巻き上げる場合と、サオ先を少し下げてフォールをさせてから巻き上げる。

これを組み合わせます。

重たく楽しい引き味

テンヤタチウオのアタリ方

この様な誘いをかけていると、コンコンとイワシを突っつくアタリが出ますが、このアタリもいろいろです。

1.コンコンと小さいアタリに終始する。
2.いきなり、ひったくるような大きなアタリ。
3.コンコンとアタリが続き、テンヤを止めると大きなアタリに変化します。

これが、男鹿島のポイントのアタリの出方です。

テンヤタチウオのアワセ方

小さな突っつくアタリの時は、アワセてもなかなかハリがかりしませんので、重みを感じる大きなアタリまで待ちます。場合によっては、送り込みます。

そして、大きくアワセます。テンヤ仕掛けの大きなハリが、口を大きく開けてイワシに噛みついているところをアワセで直撃するイメージです。

次ページでアタリ連発!