落ちギスシーズン到来!投げ釣りポイント紹介【兵庫県・本荘ケーソン】

朝晩冷えるようになって秋も深まってくると「落ちギス」のシーズンとなり、冬を迎える準備をするためにエサを求めるキスたちの活性が再び上がってきます。この時期のキスは真夏のピンギス(小型のキス)と違って比較的サイズもよく、群れに当たれば数も期待できます。今回はそんな落ちギスの狙い方やポイントについてご説明します。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

投げキスタックル説明

今回のタックル

まずタックルですが、夏場のキス釣りと同様サオ1本の引き釣りスタイルで狙います。

4m前後のオモリ負荷20~30号の投げザオに、投げ専用のスピニングリール(ドラグなしの方が軽くて疲れにくい)、ミチイトPE0.8号~1号+テーパーラインに固定式テンビン、それにマシーンキス3本または4本の6~9号など、市販の仕掛けをセットします。

エサはイシゴカイだけで大丈夫です。

本荘ケーソン釣り場紹介

落ちギスポイントの略図

ポイントA

釣り場は、渡船利用となりますが兵庫県加古川の本荘ケーソンが広くて足場もよくお勧めです。

詳細ポイントは、まずAの白灯付近から対岸の本荘人工島の赤灯を目がけて本船航路のミオ筋を狙います。

遠投すると水深のある所を探ることができるので、そこでいいサイズが出ることもあります。

そこから少し西のカーブ付近からでも40~50m先にカケアガリがあり、反応がいい時があるので要チェックです。若干根掛かりするところもあるのでご注意ください。

ポイントB

次にBですが、去年の秋に私が行ってよく釣れたポイントです。

平均20cm前後でサイズもよく、時には釣れたキスを追いかけてヒラメが食ってくることもありました。

ノマセ釣りやジギングで狙ってる釣り人もいるくらいなので、魚影も濃いと思います。

また、エサのイシゴカイにカレイやアブラメが食ってくることもありますので油断は禁物です。

実際に去年引き釣りしている時にグググッ!と明らかにキスとは違うアタリがあり、やり取りしながら浮かせてみると40cm級のアブラメで、それはなんとか手中に収めることができました。

ポイントC

そしてポイントCですが、時期的にカレイも狙えるので、両方狙いたい人にはオススメです。

私もそういう時はこの辺りで置きザオを2~3本出してカレイを狙いつつ、キス釣りをします。

足場がテトラになるので取り込みの際は足元には十分ご注意下さい。

どのポイントもアタリが遠のいたら移動してキスの群れを探す方が正解ですので、荷物はコンパクトにしてライフジャケット着用の上、身軽なスタイルで挑んで下さい

加古川の本荘ケーソンの様子

<週刊つりニュース関西版 APC・奥野太郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年11月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。