5時間で502尾!ワカサギ釣行:上方段差誘いが◎【長野県・木崎湖】

秋冷の候、日に日に寒さを感じるようになってきた。寒くなってからの釣りものといえばワカサギだ。10月9日、長野県大町市の木崎湖でボートワカサギ釣行をしたのでレポートしたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

早朝の木崎湖

木崎湖のポイント

午前2時に起床。夜中だがテンションは高い。高速を走ること3時間、長野自動車道の安曇野インターを出て、そこからさらに下道を走ること40分、木崎湖の北部に位置するボート店・牡丹屋に到着した。

木崎湖のボート出航時間は午前7時と決まっているので、それまで車で仮眠を取った。

午前6時半ごろ、牡丹屋の亭主が来たので状況を確認する。

今は数、型ともに釣れており、一部のベテランは1000匹以上、型は12cmまで出ているとのこと。

ポイントは牡丹屋対岸の通称・西別荘前が良く釣れているようだ。

西別荘前で実釣開始

仕掛け図

受け付けを済ませ、ボートに乗り込んで準備をする。やがて出航時間の午前7時になったので西別荘を目指す。

魚探で魚の反応を見ながら水深もチェック。水深12mのラインにボートを固定した方がいいと言っていたので、西別荘前の水深12mの位置に固定する。

魚探の反応は、底から3mぐらいまでは真っ赤になっている。焦る気持ちで仕掛けをセットした。

幸先の良いスタート!

3連、4連とどんどん釣れ始めた

タックルは電動リールの二刀流で、左のリールには2号7本バリ、もう一方は1.5号の金バリ5本仕掛けだ。朝イチは釣れる魚が大きいと判断して2号。金バリは薄暗い朝イチに効果がある。オモリ10gで一気に底まで沈める。

すると左の電動リールの穂先がぐんぐん曲がっている。すかさずアワせると結構な重量感だ。巻き上げると、くるくる回りながら上がってくる。

いきなり12cm級の良型が2連で釣れた。

そしてもう一方の穂先もぐんぐん曲がる。こちらは3連で釣れてきた。幸先のいいスタートだ。

次ページで爆釣レポート!!