カットウ仕掛けで狙うショウサイフグ攻略:様々なアタリを捉えるべし!

カットウ仕掛けで独特の釣趣を楽しめるショウサイフグ。今回はカットウ釣りの仕掛けと釣り方を簡単解説!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ショウサイフグの関東の近況

茨城大洗の山正丸では23日7~30尾。鹿島の豊丸は24日17~42尾。同港の長岡丸不動丸でも受け付けている。

外房飯岡の隆正丸は6~11尾。大原の春日丸は日並みで14~31尾。

茨城・外房ともに良型主体で上がっていて狙いめだ。

カットウ釣りのタックル

下図のようなカットウ仕掛けが主流。

タックル図

竿は繊細なアタリを捉えるため、先調子で感度のいいものが好適。

オモリのカラーはブラックや蛍光、集奇付きなどさまざま。潮色や活性によって使い分ければより数を伸ばせる。

カットウ釣りのエサ付け

親バリにエサのアオヤギを刺す。

まず黒いワタの部分を付け、次に橙色のベロの部分を縫い刺して4~5粒こき上げる。余ったヒモなども縫い刺しにしてコンパクトにまとめれば完成。

最後に集魚効果やアタリのでやすさを求めて、イカの短冊を付けてもいい。

次ページは釣り方紹介