エビまき釣行:カンパチの強引に気分はハッスル!【和歌山県・海南】

9月後半にフィッシング大西で海南から出船。久しぶりのエビまき釣りでハネ(スズキ)、チヌなどを狙った。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

行き先は海南に決定

釣行前々日の日曜日に大西船長に連絡を入れ「湯浅へアオリイカ釣りに行きたいけど釣れていますか?」と聞くと、台風のウネリがきついとのことで判断を翌日に…。

翌日に再度連絡するとやはりウネリが取れないとのことで「湯浅はやめて海南に行きましょう」となった。

まずはタチウオから

この日は夜明け前からの出船で、下津湾内でまずタチウオを狙ってから、エビまきへのリレーだ。

海南でのエビまき釣りは久しぶりなのでやや心配。当日は朝3時に自宅を出発し、エサ店でシラサエビを3杯半買って、阪神高速湾岸線、阪和道を乗り継ぎ、海南ICで下りてコンビニに寄るとそこからは5分ほどで乗り場に到着。

大西船長が来たのであいさつしていざ出船。10分足らずで最初のタチウオ釣りのポイントに到着。ワインドでスタートだ。

でもアタリが全くないので1時間ぐらいでやめて、ハネ、チヌ狙いに切りかえ、いつもの水深10mポイントに行くことにした。

グレ連続ヒットでハッスル!

当日の仕掛け

エサをシラサエビの2匹掛けにして、ウキ下は4ヒロでスタート。釣り座は船首に向かって左(左舷)だったが、1投目からエサが取られず、「今日はヤバいパターンか」と…。

2投目はベラがヒットでテンションダウン…。3投目からもアタリなしが続き、ようやく棒ウキを小さく押さえるアタリが…。

「お~、なんか掛かったで~」と、上がってきたのは29cmのグレ。最高にうれしくてハッスル、ハッスル。

5分くらいすると再び小さいアタリが出た。これも先ほどと同じ感じ。やっぱり2匹目もグレで30cm。

エサ取りの合間にグレ

しばらくフグ、アイゴ、ベラが続き、エサ取り地獄が続いて少し焦りが出始めた。

アイゴに振り回されていると、9時過ぎになって潮がかわり始めた。すると3匹目のグレ28cm、そして、29cmと連発でヒット。

次ページでさらにハッスル!