東京湾のルアー五目船でワラサにシーバスにタチウオと良型続々キャッチ

東京湾のルアー五目船でワラサにシーバスにタチウオと良型続々キャッチ

11月14日(月)、東京湾原木中山の林遊船からルアー五目船で出船しました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

林遊船でルアー五目釣り

朝、少し早めに到着したのですが、平日にもかかわらず、すでに釣り人さんの車がたくさん並んでいます。それもそのはず。今の時期は、東京湾で大人気のサワラに加えて、水面をビッグルアーで誘う「コノシロパターン」と呼ばれるシーバス釣りが成立するエキサイティングなシーズンなのです!

この日は、北風が強く吹く荒れ模様。出船前に、お世話になる岡田船長と作戦会議。少し前までは木更津方面まで行かないとよい釣りができなかったそうですが、今は湾奥にもベイトも入り、シーバスや青物も期待できるとのこと。

7時に出船し、船橋、幕張方面へと船を走らせます。強風で海は荒れ模様ですが、天気は快晴で気持ちいい!

ポイントに近づくと、いきなり忙しなく飛ぶ鳥の姿を発見。下から何者かに追われてベイトが水面付近まで浮いている証拠です。

トップゲームでシーバス浮上

水深は6m前後。シーバス釣りといえば、これまでミノーやジグを落としてボトムで釣るイメージが強かったので、この水深でトップ(水面)ウォータープラグを投げるなんて、私には信じられないことでした。

ときおり、ベイトのコノシロが浮いて水面がザワザワしています。開始早々、50cmほどのシーバスが田辺さんにヒット。バイブレーションで中層を狙ったそうです。

東京湾のルアー五目船でワラサにシーバスにタチウオと良型続々キャッチバイブレーションでキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

その後、何度か移動したあと、ついにアツい反応を発見!

「今、そこでトップで出たよ!」

すぐにキャストして、トップで狙っていきます。すると、またも田辺さんにヒット!しかもトップウォータープラグ(海太郎ウミペン)のドッグウォークに60cm級が反応したようです。

東京湾のルアー五目船でワラサにシーバスにタチウオと良型続々キャッチトップゲームでヒット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

その後、私の目の前でも、突然水面でバシャッとシーバスのボイル。すかさず田辺さんと同じルアーに変えると、いきなりバイトがあり、竿先が引き込まれました。ところが、船長がタモを持ってきてくれたところで痛恨のバラシ(泣)。

ビッグベイトに良型急襲

その後もランガンを繰り返し、18cmのビッグベイトを遠めに投げていきます。スローなS字の動きでテロテロと弱った魚を演出し、ピタッと止めてステイさせた瞬間に、シーバスがルアーに襲いかかりました!

先ほどバラしてしまったので、今度は慎重に。「ガッツリ食いついてるので絶対大丈夫!」と、梢ちゃんも隣で応援してくれています。無事、ネットイン!60cmほどで体高があり、グッドコンディションの魚です。

東京湾のルアー五目船でワラサにシーバスにタチウオと良型続々キャッチビッグベイトでゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

しばらくすると、梢ちゃんにもヒット!同じルアーの色違いで、やはりルアーを動かして止めたタイミングでヒットしたしたとのこと。しかも63cmの良型です。

次のページは青物狙いで70cmワラサキャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。