値段が安いロッドと高いロッドの違い 実は差が出るのは『ガイド』?

値段が安いロッドと高いロッドの違い 実は差が出るのは『ガイド』?

お店に行くと色々な値段のロッドが販売されています。値段を見ると安いものでは5000円程度から高いものでは10万円を超えるロッドも。そこで今回はなぜロッドはこれほど値段に差があるのかというのを解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター加藤隆司)

加藤隆司

アジングからショアジギングまで、ショアからの釣りはベイトタックルオンリー!スピニングは一切使わないと言うこだわりを持つ。DUELフィールドスタッフ

×閉じる

その他 お役立ち

ロッド開発に携わってきた経験

私自身20年近く総合釣り具メーカーのフィールドスタッフとして、ロッド開発のお手伝いをさせていただいていました。主にソルトルアーロッドの各魚種エントリーモデルからハイエンドモデルまで、様々ロッドを世に送り出してきました。

もうフィールドスタッフは引退させていただきましたが、長年の経験からロッドのことは一般の方より詳しいので、ロッドの作り方や色々裏話等も含めをご紹介できればと思います。

ロッドの作り方とコスト

まずロッドの基本的な作り方は5000円のロッドも10万円のロッドも、素材がカーボンであればかわりません。しかしハイエンドモデルは同じカーボンでも材料と製法が全く異なるため、値段が上がってきます。

ブランクスの値段の差

ブランクスと言われるロッド本体は、素材となるカーボンシートを心金に巻き付け、熱と圧力をかけて製造されます。ブランクスの値段の違いはカーボンシート製造時の圧力と編み方とカットの仕方によってかわってきます。カーボンシート製造時の圧力が高いほど同じブランクスの太さでも厚みが薄く作れるので、より強く軽いロッドが出来上がります。

値段が安いロッドと高いロッドの違い 実は差が出るのは『ガイド』?ブランクス(提供:TSURINEWSライター加藤隆司)

弾性は圧力で決まる

いわゆる中弾性ロッド、高弾性ロッドというのはこの製造時の圧力のことをいい、高弾性になるほど製造コストがかかるので値段が高くなります。

カットや編み方

カット方法や編み方はねじり剛性、曲がるときの粘りなどの特徴を持たせることができ、こちらも各メーカー、ロッドのクラスにより様々なカット方法と編み方があるので、その製法によってもブランクスの値段に関係してきます。

ガイドの値段の差

しかしながら、ロッドのパーツでブランクスが一番材料費が高いのかと言えばそうではありません。実は一番材料費がかかるのが、ガイドです。一般的なモデルではステンレスガイドフレームとSICリングが主に使用されていますが、ハイエンドモデルではチタンフレームにSICリングに特殊な表面加工を施した物があり、ロッドの中で一番製造コストがかかっています。

チタン製はハイエンド

チタンは加工が難しくレアメタルの一種なので、当然材料費が高いのですが軽くて強度もあり腐食性が強いのでハイエンドロッドのガイドフレームに使用されています。

値段が安いロッドと高いロッドの違い 実は差が出るのは『ガイド』?チタンガイド(提供:TSURINEWSライター加藤隆司)

グリップは差がない?

グリップについては国産のグリップは富士工業の物がほとんどなので、メーカーが特殊にオーダーしない限りそこまで差が出ない部分です。ただウレタンのフォームとコルクでは、コルクグリップの方が感度に優れ値段も高くなるようです。

開発期間の差

続いて開発期間ですが、まず1万円を切るようなロッドはあまり開発期間が取られておらず、各メーカーのデータを元に作られています。しかし一流メーカーのロッドなら、テストを期間が短いからと言って悪いものはほとんどありません。メーカーさんも安くていいものを作れるノウハウを持っているので、初心者の方には安心して使っていただけるロッドも多いとおもいます。

上位機種は5年かかることも

ミドルクラスやハイエンドモデルになると途端に開発期間が延びてきます。私がお世話になっていたメーカーでも短いものでも3年、長いところでは5年近くかかったロッドもあります。素材や製法、ロッドの調子など長い年月を掛けながら様々なテストを行っていくので、当然コストもかかりロッドの値段も上がっていきます。

次のページでロッドの値段と使い心地の関係性は無関係?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。