千葉・養老川でシーズン最後の『ウナギ釣り』 アタリ多数も本命1尾手中

千葉・養老川でシーズン最後の『ウナギ釣り』 アタリ多数も本命1尾手中

「お父さん、今週は雨が降ったよね!ウナギ、釣れるんじゃない?」と息子からそそのかされ、千葉県養老川へウナギ釣りに出かけた筆者。40cm級のウナギをキャッチした釣行をお届け。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターこずろふ)

こずろふ

早期リタイアを目指すアウトドア好きサラリーマン。いい年なのに釣り場のお爺ちゃんから「兄ちゃん」と呼ばれるのが目下の悩み。

×閉じる

淡水の釣り ウナギ釣り

恒例行事ウナギ釣り

「お父さん、今週は雨が降ったよね!ウナギ、釣れるんじゃない?」小学6年生になる息子が嬉しそうに私に声を掛ける。ここ数年GW明けから晩秋まで、ウナギ釣りは、雨が降った週末の我が家の恒例行事となっているのだ。

息子からの突然の提案を受けて一瞬躊躇する。だが、今日は時合の時間と下げ潮が重なるので悪くはない……。瞬時に考えを巡らし、息子に返す。「よし、じゃぁ、行くか!」

養老川でウナギ釣り

しかし、そうは言ったものの、いつもの市内の小規模河川での最近の釣果は、「エンピツウナギ」ばかり……。たまには、大きな河川で釣るのも良いだろう。そんな訳で、今回は、県内でも規模の大きい千葉県市原市を流れる養老川に釣行することにした。

千葉・養老川でシーズン最後の『ウナギ釣り』 アタリ多数も本命1尾手中養老川の釣り場風景(提供:TSURINEWSライターこずろふ)

当日の状況

途中、国道16号沿いにある釣具店でエサとなるドバミミズとキジを購入し、現地に到着したのは、午後5時過ぎ。周囲は、もう薄暗く、シーバスアングラーのヘッドランプがポツリ、ポツリと点き始めていた。

ベイトは豊富

川の中に目をやると小魚やエビがそこかしこを泳いでいる。ベイトも豊富だ。確かにシーバスも面白そうだ。それにしても、数日前にまとまった雨が降ったものの濁りはほとんど見られない。果たして、今日はどうだろう?まぁ、せっかくきたのだから釣るしかない。午後8時に干潮となるので、これから3時間の勝負になるだろう。

使用したタックル

ウナギ釣りに専用のタックルはない。私は、使い慣れたシーバスロッドなどのソルト用ルアーロッドに小型~中型スピニングリールを取り付けている。ラインはPEライン1.5号、それに根ズレ対策のため1mほどフロロカーボン5号を結んでいる。

今日はさほど流れが強くないので、オモリは取りあえず小判型10号でいいだろう。蛍光色のゴム管にイトを通し、ヨリモドシに結ぶ。最後にハリスはフロロカーボン3号を30cmほど取り、14号のウナギバリを結んで仕掛けは完成だ。ウナギ釣り仕掛けは、シンプルなので有難い。

ウナギ回遊ルートを探す

時間は、午後5時半。時合いには間に合ったようだ。まず、第1投を左前方の川の流心付近に投げ込む。続いて、2本目は右手前の川岸近く、最後の1本は、正面の流心と川岸の中間付近に投げ込んだ。

このように投げ分けるのは、回遊するウナギの通り道を探るためだ。ウナギは夜になるとエサを捕食するために川を回遊するが、回遊する通り道は、ある程度決まっているらしい。だからウナギが釣れたら、その後は、その筋を狙って打ち込んでいく算段となる。投げ込んだ竿にアタリを取る鈴を付け、ケミホタルを差し込む。これで、準備はすべて整った。さぁ、実釣開始だ!

次のページで40cm超の本命ウナギが登場!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。