伊豆でのエギングでアオリイカ3杯 状況に応じたカラー使い分けが奏功

伊豆でのエギングでアオリイカ3杯 状況に応じたカラー使い分けが奏功

ようやく海水温が下がりだした。まだまだ青物のナブラも見れるが、状況は変化している。前回の釣行の後の伊豆東海岸の状況はどうだろう?アオリイカ3尾をキャッチできた陸っぱりエギング釣行をお届けしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

釣果のポイント

潮の動き次第で釣果がかわる。潮が動かないとやはりイカの活性は上がらないようだ。エギのアクションも重要。イカにエギを見つけてもらわないと話にはならない。エギの種類に助けられた感じだ。足つき、ダート系と場面にあったエギがいい結果になる。沖のブレイクの変化を探るポイントの攻略も、1杯を獲るためには必要だ。

伊豆でのエギングでアオリイカ3杯 状況に応じたカラー使い分けが奏功エギはいろいろな種類を揃えたい(提供:TSURINEWSライター野中功二)

今後の展望

南伊豆では良型のカマスが顔をだす。アタリは時合いで出たり、頻発するアタリがピタリと止まるなど意外と気難しいところもあるが、ジグとミノーで攻めると数も伸びていきそうだ。秋真っ只中ではあるがメッキやハゼもまだ顔を出す。釣り物がまだまだ多い伊豆だ。海に出かけてみましょう。

なお、足場のいい場所でもライフジャケット、ゴミの持ち帰りなどシッカリと行いたい。

<野中功二/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
東伊豆エリア

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。