越前海岸でのデイエギング釣行でアオリイカ連発 開始3投で2匹キャッチ

越前海岸でのデイエギング釣行でアオリイカ連発 開始3投で2匹キャッチ

今シーズン絶好調に釣れていた越前海岸のエギングもそろそろ終盤戦。デイエギングでの数釣りは難しくなってきた。今後は夜釣りでのエギングが有利になってくる。私はナイトエギングをやらなくなったので、今回が私にとって今シーズン最後のエギング。さて釣れるのか?

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉本敏隆)

杉本敏隆

釣り歴約50年。管理釣り場のトラウト、渓流ルアー、エギングなど、1年中いろいろな釣りをしています。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

越前海岸でエギング釣行

釣行日は11月2日。天気予報では午前中は風が吹かないとのこと。「絶好のエギング日和になりそう」と釣行を決定した。午前6時半に名古屋を出発。北陸自動車道・敦賀インターを降り、しおかぜラインを北上する。予報通り風はなく海はべた凪だ。9時ごろに越前海岸に到着。早速準備に取りかかる。

越前海岸でのデイエギング釣行でアオリイカ連発 開始3投で2匹キャッチ当日の越前海岸(提供:TSURINEWSライター杉本敏隆)

タックル

ロッドはヴィオレンテ77、リールはセルテート2506にラインはPEライン0.5号、リーダーはフロロの2号を1.5mほど。エギは3号を中心に2.5号も用意した。

開始3投でアオリイカ2匹手中

最初のポイントに立つと、3号のエギを軽くキャスト。ボトム付近まで沈めてシャクり始める。シーズン当初なら最初のシャクリからのステイですぐにアタリが出るものだが、反応なし。そのまま誘い続けて水面近くまできたところでチェイスを発見!すぐにピックアップしてエギを2.5号にサイズダウン。イカは見えなくなっていたが、近くにいるはず。

チェイスを確認した場所の5mほど向こうに投げ、エギが見えなくなるところまで沈めてからシャクり始めると、最初のステイでヒット。無事1匹目をキャッチできた。「もしかしたら他にもついてきた奴がいるかも」と、先ほどより少し沖にキャストして誘うと、続けて2匹目がヒット。開始3投で2匹をキャッチとなかなか好調なスタートだ。

越前海岸でのデイエギング釣行でアオリイカ連発 開始3投で2匹キャッチ開始早々に本命(提供:TSURINEWSライター杉本敏隆)

ポイント移動で3匹追加

しかし、その後はアタリが出ない。粘らずどんどん移動しながらイカを探していく。

ところがあちこち探っていっても、アタリもチェイスもない。そこで今回のメインポイントと考えていたところに移動。ここは水深があってシーズン後半でもよく釣れる場所だ。根掛かりの心配があまりないので、エギをボトムまでしっかり沈める。水面のラインが止まったのを確認して誘い始める。

相かわらず反応はない。「ここもダメか」と思っていると、エギについてくる2匹のイカを見つけた。いつも通りエギをサイズダウンして狙ってみる。エギを沈めてシャクり、ラインを注視していると、不自然に止まった。アタリだ!すかさずフッキング。チェイスしてきたイカを釣り上げることに成功。「2匹いたからまだ釣れるかも」と同じ場所を狙ってみると、狙い通りもう1匹もキャッチできた。

越前海岸でのデイエギング釣行でアオリイカ連発 開始3投で2匹キャッチ本命場で追加に成功(提供:TSURINEWSライター杉本敏隆)

中層でアオリイカ連発

20mほど横に移動してみると次々にアタリが出る。いつもと違うのは中層でよくアタることだ。最初のシャクリではアタリが出ない。ボトムから5mくらい誘い上げてきたところでラインにアタリが出る。ラインが急にたるんだり、イカパンチでプンと揺れたり、中途半端に止まったり。無風でべた凪なのでアタリはすべて感知できる。ポンポンポンと3匹を連続キャッチ。

さらに移動しながら2匹を追加。「今日は釣れるぞ」と意気込んだところで北風が吹きだした。たいした風ではないので「まだまだいけるはず」と探ってみるが、続かない。ここまでの最大が胴長17cmなので、「なんとか胴長20cm超えを」とがんばってみたが、だんだん北風は強くなり、釣りづらくなってきた。

次のページで最終釣果は果たして?!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。