船コマセマダイ釣行:自己新記録5.8kg大ダイ!【千葉県・庄幸丸】

酷暑の夏が終わり、秋の好シーズンに突入したマダイ。内房勝山沖では、コマセ釣りで連日大型を含みマダイが上がっている。9月後半、庄幸丸にて取材を行った。

勝山港のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船中アジとカイワリから

船着場には多くのマダイファンが集結。

前日にはアジの泳がせで13kgのブリが上がったこともあり、密かに大物の乱入を期待して、大型電動+青物用の剛竿を準備する人もちらほら。

5時、定刻通り庄司徳勝船長の操船で出船。30分ほどでポイントに到着。

「上から75mで待ってください」とアナウンスがあり開始。さっそく、ビシにコマセを詰めて投入。付けエサは全員オキアミの1匹掛け。

左舷ミヨシの岩埜さんに、良型アジがヒット。泳がせには少し大きいが、なんとかエサを確保。右舷ミヨシ2番の丸山さんにもアタリがきて、上がってきたのは少し平らな高級魚カイワリ。

いいサイズのアジ!

いよいよ船中本命1尾目!

続けて、手持ちで体全体を使ってコマセを振る右舷ミヨシの中村さんの竿が弧を描く。

すぐに本命を確信、電動巻き上げを使用せず、手巻きで慎重にやりとりして上がってきたのは2kgジャストのマダイ。船内で歓声が上がる。

さらに、隣の丸山さんが小型ながらマダイをゲットしていた。

ポイント移動

9時、ポイント移動し「上から63m」のタナ指示で再開。

食い渋る時間になったが、左舷銅の間の高橋さんに0.8kg。
やはりエサは1匹掛けで、誘い上げでヒットした。

誘ってゲット!

次ページでいよいよ大型登場!?