釣り人「おもてなし」レシピ:のどぐろめし 貴重な1尾を複数人で味わう

釣り人「おもてなし」レシピ:のどぐろめし 貴重な1尾を複数人で味わう

高級魚・美味魚の代表でもある『アカムツ(のどぐろ)』。数を釣ることが難しく希少価値も高いサカナです。「せっかくなら貴重な美味しさを複数人で味わいたいけど、1尾しかない……」そんな時にもおすすめな、おもてなし料理にピッタリの『のどぐろめし』のレシピを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

その他 レシピ

アカムツは数釣りが難しい

アカムツは最近エサ釣り、ルアーともに人気急上昇中のターゲットです。しかし、美味な高級魚だけに、数釣りは難しく釣果に恵まれないことも多いです。一尾でも手中にできれば天にも昇るほどの喜びです。

アカムツは炙りの刺身、塩焼き、煮付けなどももちろん絶品ですが、釣果が少ないときはすぐ食べきってしまい、何人もで味わうには物足りないときもあります。そんな貴重な高級魚のどぐろが、たとえ一尾だけでも大勢で美味しさをシェアできるのが、今回ご紹介する「のどぐろめし」。

簡単に言ってしまえば、「鯛めし」の真鯛をのどぐろに置き換えただけの炊き込みごはんなのですが、のどぐろの旨味がごはん全体に波及して染み渡る、実に美味な嵩増しレシピでもあります。

釣り人「おもてなし」レシピ:のどぐろめし 貴重な1尾を複数人で味わうのどぐろは貴重な高級魚(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

材料(作りやすい量)

・アカムツ(のどぐろ) 一尾(二尾以上でも可)
・米          3合
・白だし        おおさじ3
・水          適量
・出汁昆布       10cm位
・塩          適量

釣り場での下処理

アカムツは血が少ない魚なので、必ずしも血抜きしなくてもよいがしてもいいでしょう。それ以上に大事なのはクーラーボックスに大量の氷とひたひたの海水を入れてしっかり冷やすこと。自宅に帰るまでに時間がかかる場合は氷が溶けて水っぽくなるので、食塩を足しておくといい。もちろん、心得のあるかたは自分なりの〆かたや保冷方法でかまいません。

釣り人「おもてなし」レシピ:のどぐろめし 貴重な1尾を複数人で味わうしっかり冷やすのが大事(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

自宅でのアカムツの下準備

1.アカムツのウロコをウロコ取りなどでしっかりとり除きます。魚を透明なポリ袋に入れながら作業するとウロコが飛び散りにくくなります。

2.包丁やキッチンバサミ等でエラを取り除き、腹を切って内臓を取り出し、水で流しながら歯ブラシなどで血もきれいに掻き出します。

3.アカムツを流水できれいに洗い、キッチンペーパー等にくるんで水分をしっかり吸い取ります。

次のページで「のどぐろめし」の作り方を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。