終盤戦の磯アカハタ釣りで良型4尾 遠投からの深ダナ狙いが的中か

終盤戦の磯アカハタ釣りで良型4尾 遠投からの深ダナ狙いが的中か

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)のアカハタもそろそろ終盤戦。浅場では、なかなか釣れなくなってきた。10月26日に釣行した時の様子をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

アカハタの釣期

里のアカハタは夏から秋によく釣れる。以前は一年を通して上がっていたが、最近の冬から春は、あまり釣れない。場荒れや気候変動が原因と推測される。

終盤戦の磯アカハタ釣りで良型4尾 遠投からの深ダナ狙いが的中か上甑島周辺略図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

ブッコミ一刀流

この日は夜明け前に近島に渡礁。二週間ほど前も同島周辺でサオを出し、カゴ釣りとブッコミを試した。その結果、ブッコミに分があったので、今回はブッコミのみの一刀流。エサはイワシ、キビナゴ、アジ。ハリは強固で刺さりがいい石鯛ワイヤーを選択した。

終盤戦の磯アカハタ釣りで良型4尾 遠投からの深ダナ狙いが的中か当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

エサ取りに大苦戦

まずはキビナゴをエサにちょい投げ。すぐに魚信はあるものの、食い込まない。仕掛けを回収するとエサがきれいに取られている。手数を増やしても、エサをアジやイワシにかえても効果がなく、まさかの大苦戦。そのまま時間だけが過ぎていった。

遠投で35cmアカハタ

サオ出しから2時間ほどが経ち、半ば諦めかけた時だった。ダメ元で遠投を試すと、少し時間が稼げる。カウンターで25m前後の深ダナだ。ここに仕掛けを置くようにして投げると、ようやくサオが大きく曲がった。リールを力強く巻くと、確かな手応え。水面を割ったのは35cmほどのアカハタだった。

次のページでエサをローテし追釣り成功!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。