沖磯ショアジギング釣行:ワンピッチでヒラマサ!【福井県・越前町】

9月15日、釣友の長尾さんと福井県・越前町の沖磯へ青物ショアゲームに出かけた。プラッギングとジギングでアプローチ。さて結果はいかに?

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

出船までは陸っぱり

前日の夜に出発し、日付が変わったころに越前海岸に到着。

夜のうちは越前町にある高佐漁港で長尾さんがアオリイカを、私はアジを釣って時を過ごした。

当日は風と激しい雨で非常に釣りづらかったが、それでも手のひら大のアオリイカと20cmオーバーのアジを難なくゲット

本来ならアジは30cmオーバー、アオリイカも軽く2ケタは狙える一級ポイントだけに気象条件に恵まれなかったのは残念だ。

やがて日の出を迎え、私たちは予約をしていた渡船店あたらしやに到着。昨日もカゴ釣りでヒラマサが上がったとのことで、期待を胸に船に乗り込んだ。

沖磯ジギング開始!

タックル図

渡ったのは長崎の磯。100mもキャストすれば水深が30m以上あると言われているドン深の磯で、潮当たり抜群の一級ポイントだ。

準備を終え、2人でキャストを開始。

長尾さんはプラッギングで、私は磯の先端から斜め左のドン深エリアをジギングで探っていった。

最近の状況として、同エリアの船釣りでは、ごく沿岸で2kg程度までのヒラマサと大ハマチがよく釣れていたので、楽勝と思っていたが、期待に反し沈黙が続いた。

隣の磯でハマチ

1時間以上キャストを繰り返したところで、隣の磯で釣っていた人が青物らしき魚を上げた。

サイズは遠巻きに見て50cm台。ハマチだろうか。

これを見てジャークに力が入ったが、依然沈黙が続く。

釣り方が合っていないと考え、当初使用していたHクラスのタックルから、操作性のいいMHのロッドに替え、ジグも軽くし、軽快に誘っていくことにした

次ページでヒラマサヒット!