愛知・新川のルアーシーバス釣行で45cm頭にセイゴ連発 ミノーにヒット

愛知・新川のルアーシーバス釣行で45cm頭にセイゴ連発 ミノーにヒット

朝夕が涼しくなった10月3日、愛知県清須市の新川へ、リバーシーバスゲームに出かけた。現地に到着したのは、午後10時すぎだった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

新川でリバーシーバス釣行

当日のタックルは、ロッドが18ワールドシャウ2701FF、リールがツインパワーC3000、ラインがアバニSLJマックスパワーPE・X8の0.8号、リーダーがハードコアXXフロロカーボン8lb。

まずは新川市役所下流の水門にエントリー。この日は午後10時3分に満潮、その後下げ潮に転じる潮時だったが、見るとまだ潮は上げている。

その証拠に漂流物がゆっくりだが上流へと流れていた。まずは活性を見るため、エコギアエコギア熟成アクア活メバルミノー1.6inchのパールシラス夜光に、デコイデルタマジックSV‐51の2.5gのジグヘッドリグをセット。

セイゴサイズが連続ヒット

少し離れた場所に並べられている土のうの沖側の際へ、アップストリームにキャストし表層をスローのタダ巻きで探る。だが重い感じがなく、あまり潮が効いてないようだ。

そこでもう少し沖にキャストして探ると、ほんの少し潮の当たる感じがしたと思ったら、魚の重みが乗りセイゴクラスがヒット。その後は川の流れがなくなり、浮遊物が動かなくなって湖状態になってしまったので、キャストを一時中断して潮が動きだすのを待った。

しばらくすると、浮遊物が下流へと動きだしたので、合わせて護岸沿いの土のう沿いにダウンにキャストし表層を探る。手元に流れを感じ、チャンスかと思った瞬間にセイゴがヒットした。

愛知・新川のルアーシーバス釣行で45cm頭にセイゴ連発 ミノーにヒットセイゴサイズが多かった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

続けざまに3連続でセイゴをキャッチ。活性が高いうちにサイズアップするべく、ルアーをシュガーミノー50Fソルトのチャートヘッドグローにチェンジ。

45cmにサイズアップ成功

水門からの排水でできた流れのヨレと、街灯の明暗部が重なるわずかなスポットに、ダウンにキャスト。ミディアムスピードで引いてくると、手元に魚の重みが乗ったのでアワセを入れると、ドラグを鳴らして一気に下流へと走る。

コイのスレ掛かりかと思った瞬間、水面でジャンプ。シーバスだ。ロッドの先端を下に向けて対処するが、魚のパワーが上で繰り返しジャンプする。少しずつ魚との距離を詰めてネットを伸ばすと、最後の抵抗で下に突っ込む。ようやく水面に姿を現した瞬間、ネットに収めたのは45cmほどのシーバスだ。作戦が的中し、思わずガッツポーズが出た。

愛知・新川のルアーシーバス釣行で45cm頭にセイゴ連発 ミノーにヒットサイズアップの45cmシーバス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

続けて狙うも排水が止まって反応がないので、さらに広範囲を探るべくハードコアミノー70Fのキャンディーカラーにチェンジ。今度はダウンストリームでキャストし、ミディアムスピードで引いてセイゴをキャッチ。その後反応がなくなったので下流へ移動した。

上流部でもセイゴヒット

橋の橋脚とその周辺をミノーで探るが反応はなく、ワームに戻すとセイゴがヒットする。だがサイズが伸びないので、思い切って上流へと移動することにした。

愛知・新川のルアーシーバス釣行で45cm頭にセイゴ連発 ミノーにヒットミノーでキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

次は県道67号の橋脚と、街灯の明暗部の表層をワームのスローリトリーブで探る。ここでもセイゴがヒットするが、サイズアップには至らなかった。時刻を見ると午前1時を過ぎていたので、今回はここでストップフィッシングとした。

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
新川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。