東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴ

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴ

10月8日(土)、東京湾原木中山の林遊船で、第4回目のアジ狙いの釣り教室を開催しました。当日は気持ちのいい秋晴れ!しかもいいナギです。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

林遊船でLTアジ釣り

今回は18人が参加で満船。しかも半数以上の10人が女性で、回を重ねるごとに多くの人に釣りの楽しさ、また新鮮な魚の美味しさを知ってもらえて本当に嬉しいです。

8時半に受け付けを済ませ、各自ライフジャケットとタックルを持って桟橋へ移動。重い荷物は船宿さんが運んでくださり、9時に出船!

1時間20分ほどで海ほたる付近のポイントに到着。「はい、どうぞ~!コマセが途切れないようにね~」と、中島船長のアドバイスでスタート。

船釣りが初めてという人も多かったので、ビシ付きの天ビンにお手製の1.5m仕掛けをセッティングして、1組ずつ釣り方を確認。リピーターで慣れてきた人には、取り込みのアドバイスもしていきます。

みなさん根気よく続けるも、魚はなかなか顔を見せてくれません。昨晩まで大雨が降った影響でしょうか。少し不安がよぎります。

クロダイヒットにカサゴも登場

1時間ほど経過すると、左舷の江里さんになにやらヒット。かなり竿が絞り込まれていて、大物の予感です。水面にコマセカゴが見えたところで、ギラリと大きな魚体が姿を見せました。

「クロダイだ!」。私は慌ててタモを手に駆け寄ります。2kgはありそう。ところが、タモに収めようとした瞬間、急に突っ込まれ、バレてしまいました。

「わー悔しい!」ハリが伸ばされていたので、少しドラグの調整が甘かったようです。残念でしたが、このバラシで船上の活気が一気に上がり、みなさんのヤル気もUP!

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴカサゴ顔見せ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

このポイントは、海底がゴツゴツしていて根魚のポイントになっているようです。右舷胴の間では、今回初参加の美幸さん、朋子さんが仲よくカサゴをゲット!同じタイミングでポロポロッと船中で同魚が顔を見せてくれました。

20cm超え含みアジ続々

ここで船長から木更津沖まで移動の合図。到着後、コマセを振り、みんなで魚を寄せます。すると、開始早々にヒット!南蛮漬けに最適な、10cmほどの豆アジがあちらこちらで釣れ出しました。

「デカイのきた!」と左舷胴の間の創祐くんに25cm級の良型。回を重ねるごとにメキメキ上達し、最近は釣りのあとに魚を捌く特訓もしているとか。釣った魚を食べるところまで、すべて楽しんでくれて本当に嬉しいです!

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴ参加のたびに上達(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

お隣の壮佑(そう)くんは、船釣り初挑戦!「イチ、ニ……」リールを巻き上げる数をママの恵子さんと一緒に数えながら、一つ一つの動作をげいねいにこなし、豆アジから20cm超の良型までダブルも交じり、着々と本命ゲットです!

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴ初参加でゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

高活性のなかサバも登場

みなさんが協力して一生懸命コマセを撒いてくれたので、魚の反応はよくなり、魚探を見ると上から下まで真っ赤っか!

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴダブルヒットも(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

「たぶん上から5mくらいまでいるから上も探って!」と船長。さっそくみなさんに伝え、上から5mでコマセを撒いて少し待ってもらうと、ココン!と気持ちよく竿先が入ります。

東京湾LTアジ釣り教室で良型混じり本命連発 好ゲストはサバにカサゴ続々キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

こうなれば、手返しがよくなり一気に数を伸ばせます。右舷の中島さん、左舷の関口さんには30cm級のサバもヒット!

次のページで女性陣も本命好ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。