千葉の河川でのルアー釣りで20cm『カライワシ』 ゲストに良型クロダイ

千葉の河川でのルアー釣りで20cm『カライワシ』 ゲストに良型クロダイ

急に気温が下がり、朝晩などはめっきり寒くなったが、水の中は少し違うようだ。以前に東京湾の河川で温暖な水を好むカライワシが釣れている記事を書いたが、秋が深まるにつれて最盛期を迎えるこのカライワシゲーム。果たしてどのくらいの群れが河川に入っているのか?30cmを超える良型はいるのか?それらを確かめるべく実釣を行った。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

ルアーでカライワシを釣る

前日にかなりの雨が降った10月中旬。場所は、筆者の自宅からほど近い千葉県の小河川。まずはデイゲームだが、カライワシはデイゲームでもナイトゲームでも比較的簡単に狙うことができる。

水門近くの水路から狙ってみるが、ここは本流から枝分かれする水路なので、常に流れがある。しかし、多少水深があるせいか?なぜかカライワシが釣れない。そうは言ってもそこまで深くないのでいるはずだが、釣れたことがない。

さっそく小型のバイブレーションで探るが反応はない。小さな橋脚の下ではボイルもあるが、そちらも反応がない。

千葉の河川でのルアー釣りで20cm『カライワシ』 ゲストに良型クロダイ最初に入った水路(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

メッキから登場

この日は小潮で潮がほぼ動かない。そこで、動きで誘うためにワームを使ってプチワインドをしてみた。底を取りながらダートせると、強烈なアタリが来た!マゴチか?と思ったが、まさかのメッキであった。その後もメッキらしきアタリがあるが、バラシの連続だった。ついつい夢中になっていると、群れが去ったのか?全く釣れなくなった。

場所移動でカライワシ登場

ここで小休憩を入れて、場所も本流の上流域へ移動した。ここはかなり浅いが手前に障害物やゴロタ石があり、流心がわずかに深いが、せいぜい膝下くらいだ。カライワシの本命ポイントでもあるが本日はとにかく流れがない。たまーに数分動くが、すぐ止まる。そんな感じだ。

それでもバイブレーションを投げるとすぐにアタリが出た!が、すぐにバレる。おそらくカライワシだが、型も小さいのだろう。そしてやや遠投して対岸付近を狙うと、連続ヒット。細長い魚体が見えた瞬間、カライワシと確信した。

上がってきたのは、20cmの本命カライワシだった。いるにはいるが今年は型も小さく群れも少ないようだ。このカライワシを釣ってからまたパタリと何も釣れなくなった。そこで初めの水路へ戻ることとした。

千葉の河川でのルアー釣りで20cm『カライワシ』 ゲストに良型クロダイ本命をキャッチした本流の上流域(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

ゲストに42cmクロダイ

若干水が止まりかけているがまだ流れはあるし、橋脚下では相かわらずボイルがある。おそらくカライワシではないだろうが、一応狙ってみる。ここでも小型のバイブレーションの出番だ。

橋脚下へ入れ、ストップアンドゴーで狙うと、止めた瞬間にゴン!ときた!間違いなくカライワシではないが、比較にならない強い引きが伝わって来る。クロダイだと分かってはいたが、思っていたより良型で焦った。無事タモ入れして計測すると、42cmのクロダイであった。確かに嬉しいが本日の狙いはカライワシだ。このゲストには早々とお帰りいただいた。

次のページでナイトゲームの模様と最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。