沖堤防フカセチヌ釣行:コーンエサで全員安打!【大阪府・宇部波止】

近畿地方に甚大な被害をもたらした台風21号通過後の9月9日、大阪・堺出島漁港から出船する夢フィッシングへ、TEAM黒夢関西の会友・塩田さん、西浦さんと、フカセ釣りでチヌを狙って釣行した。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

 

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

宇部波止へ渡堤

堺港はいくつも釣り場が存在するが、当日は南西風が吹く予報だったので、風裏となる宇部波止へと渡ることにした。

宇部波止は足場がよく広大な釣り場なので、釣り場に困ることもなく快適に釣りができるポイントの一つである。

船長にあいさつを済ませて午前6時の船に乗り込み、常連さんと情報交換をしながら釣り場を目指した。渡堤後、隣とある程度距離を取り、釣り座を構える。

当日のタックルとエサ

そしてまずは魚を寄せるため、狙いのサオ2本ほど沖のラインにまきエサを打ってから準備に取り掛かった。

まきエサはオキアミ3kgにマルキユーのチヌパワームギスペシャルを混ぜ合わせたものを使用

さしエサは生オキアミ、コーン、ネリエサを用意した

底取りをして、ウキ止めを底に少しはう4ヒロに設定し、とりあえずオキアミから釣りを開始。

しかし早々から予定外のエサ取りであるサバがわいており、全く通用しない展開。サバはスピードが速くフカセ釣りでは一番厄介なエサ取りである。

そんな中、西浦さんがサオを曲げ、本命のチヌをコーンで釣り上げた

次ページで筆者にも本命ヒット!