陸っぱりルアーシーバス釣りで本命3匹 ボラ不在のポイント探しが奏功?

陸っぱりルアーシーバス釣りで本命3匹 ボラ不在のポイント探しが奏功?

三重県四日市港の四日市港へナイトショアゲームに出かけた。翌日も仕事のため短時間釣行だったが、久しぶりの陸っぱりルアーシーバス釣りで本命3匹とまずまずの釣果が得られたのでレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でルアーシーバス釣り

10月20日は、午後7時20分に四日市港の第3ふ頭に到着した。

ルアーはサラナ80Fをチョイス。まずは沖にキャストし、ゆっくりとリトリーブする。すると足元でファーストバイトするが、1投目ということで完全に油断し、うまくアワせられなかった。

幸先よくバイトが得られたので、活性が高いかと期待したが、そこからしばらくアタリがなくなった。代わりにボラの魚影が徐々に濃くなり、水面をジャンプしている。またボラがルアーに頻繁にアタるため、アタリも取りづらい状況だった。

明暗の境目でシーバスヒット

そこでポイントを移動し、比較的ボラの魚影が薄いポイントを探しながら、辛抱強くリトリーブを続ける。なかなかアタリが得られないため、トゥイッチなど変化をつけるが反応はない。

ならばルアーをチェンジしながら、魚に見切られないように探っていくと、明暗の境でようやくヒット。慎重にリールを巻いて足元まで手繰り寄せ、そのまま抜き上げると、サイズは小さいが狙いのシーバスだ。

その後もポイントを移動しながらルアーをキャストしていくが、アタリが続かない。そこでまたルアーチェンジすると明暗の境界でヒットする。しかしサイズは23cmと、なかなかサイズアップできない。

陸っぱりルアーシーバス釣りで本命3匹 ボラ不在のポイント探しが奏功?こちらはセイゴサイズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

当日一番の40cmキャッチ

当日はルアーもすぐに見切られるようなので、10投ほどでルアーチェンジをすることとした。ルアーをビーフリーズ78Sに変更し、数投するとゴツンと今までとは違うアタリ。サオも曲がり、引きも今までより強い。

ドラグを調整し、水面で魚が跳ねないようサオを操作する。慎重に足元まで寄せてきてサイズを確認すると、抜き上げられそうなので、タモを使わずそのまま抜き上げると、当日一番の40cmのシーバスだ。

陸っぱりルアーシーバス釣りで本命3匹 ボラ不在のポイント探しが奏功?サイズアップ成功で40cmゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

その後もサイズアップを狙いキャストを続けるが、ボラの魚影が濃くなり時間も9時30分を過ぎたため、この日の釣行を終了した。

なかなか簡単な状況ではなかったが、ポイントとルアーチェンジでうまく本命を3匹キャッチでき、まずまず楽しめた。

11月になればメバルなどもシーズンインを迎えるため、引き続きショアのナイトゲームも楽しめそうだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年11月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。